aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SDシャイニングガンダム その3

月末・年度末・・・そんなこんなで、ほぼ1ヶ月ですよ
ギリギリまで作品製作される方は、1ヶ月と2週間といったところでしょうか
時間が無い中、ある方に唐突に無茶振りされて、どうしようかと迷って3月を終ろうとしていますが、とりあえずシャイニングを終らせようと思います。
170330_1.jpg
170330_2.jpg
前回の記事から、それほど間が開いてないので、ほとんど間違え探し状態です
170330_3.jpg
今まで何もしてなかったコアランダーの加工を行いました。
新BBのものを加工していくのですが、形やディティールで言う事が無いので、白で塗装される部分のみ切り離しました。
設定とは微妙に内側の分割ラインが異なりますが、あまり目立たない部分なので、パーツ形状に合わせて分割。
また中央のスラスターは一体成型のため、くり貫いてアフターパーツに変更します。

170330_5.jpg
膝アーマーは1/144のものを使っていたのですが、同じ形状にすることが出来なかったので・・・・
形状の良い方を原型とし、レジンで複製して揃えました。
スラスターパーツは、WAVEさんのバーニアパーツを使用しましたが、そのままでは高さが足りないので、1mmプラ板で高さを調整してあります。

170330_4.jpg
襟横のバルカン砲?は合わせ目の都合で3mmパイプで作り直したのですが、ボリュームが不足気味でした。
このスカスカ感を緩和するために、5mmパイプを半分に割ってカバーを作りました。
頭部のバルカン砲も、アフターパーツで作り直します(まだ作ってないですが・・・

170330_6.jpg
今回のシャイニングガンダムは、“ノーマル状態固定”で作業をしていますので、頭部の5枚の放熱板?は倒した状態になります。
ただ、後ハメ加工のアイディアが浮かばず、プラモブロックで接続することにしました。
1mm磁石の磁力では信頼出来ず、真鍮線の軸合わせもキッチリ出来そうに無かったので
プラモブロックは樹脂製なので、切ることも出来る、接着も出来る、保持力もある、磁石よりもコスパも良い、オススメのアイテムです

ほぼ間違え探し状態でしたが・・・プラ板で目を作れば工作終了です。
後はスターゲイザーだけのつもりでしたが、無茶振りで1体増えそうです
完成しなかったら、ごめんなさい

Newest

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。