aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディフォルメ スターゲイザー その1

毎年恒例となった「今年の目標」も書き終えたので、今年最初の製作記事は「スターゲイザー」です。
これは5月の静岡ホビーショー用として製作していきます。
とりあえず、お正月は掃除やダラダラしたり撮り貯めた海外ドラマ見たり、旧キット触ったりで、ディフォルメ作品から離れていたので、リハビリがてらBB戦士とHGをパチ組みしました。
ちなみに、この2つのキットは「静岡に向けて作ってください」とただちゃんから頂きました
ありがとうございます頑張って作ります

170110_2.jpg
まずはBB戦士のスターゲイザー。
約10年前のキットですが、造詣については素晴らしいと思います。
肉抜き穴が気にならないと言えば嘘になってしまいますが、それを抜けば完成度の高いキットです。
このころのSEED系BB戦士は、ガワラフェイスをトレースしてるのが特徴のようで、大きな顎が目立ちます。
この辺りは好みが分かれる部分ですね。

170110_1.jpg
次にHGスターゲイザー。
これもやっぱり10年ほど前のキットですが、完成度が高く、ガシガシ動きます。
ABS全盛のころで、フレームや関節カバーなどにABSがふんだんに使われています。
エフェクトもクリアグリーンのABS成型でした。
ただ肩関節のダブルボールジョイントは不安です・・・・

この2つのキットを組み合わせていくと・・・・
170110_6.jpg
ザックリとですが、こんな感じにまとめてみました。
いつも作り方を少し変えて、今回はBB戦士の使用率を高める方向性で作っていきます。
170110_5.jpg
パーツの使用構成はこんな感じです。
この段階では、幅を詰めた部分は脚と上腕のみです。
上腕は3mm程度、脚はフレームのみを単純に3分割して取り付け直しています。
脚の長さや膝の大きさ、フロントアーマー類との関係性については、これから調整をしていきます。
頭部については、同じガワラフェイスのOガンダムの物を流用します。
そのままでは「への字」の有無や面構成が違うので、これも変えていきますが、印象がガラッと変わりましたね。

170110_7.jpg
光の輪をつけた状態。
この輪っかもスターゲイザーの特徴ですので、これも込みで展示したいですね
光の輪っか同様に、段落ち部分の光表現も、HGキットにキレイな箔シールが付属しているので、それも使いたいと思っています。

Newest

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。