aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成 AMX-009 ドライセン 2016年

昨年に引き続き、アクシズ系MSのディフォルメ作品でGBWC2016に挑みましたが、今年は昨年以上に高レベルな作品ばかり。
一次通過ならずの結果となりました。
とは言え、目的としては「ラカン・ダカランが搭乗したMSを、ディフォルメ作品としてそろえる事」なので、それが達成できたことは良かったです。
amx009_11.jpg

amx009_5.jpg

amx009_2.jpg

amx009_10.jpg

amx009_3.jpg

amx009_4.jpg

amx009_7.jpg

amx009_8.jpg

amx009_9.jpg

今回使用したキットは、1/144・HGUCの2つです。
理由は、ZZ完成記事に書きましたがモナカキットは、加工がしやすいという利点がありますし、HGUCと比べてサイズが小さい・細い(その逆もあり)ので、よく利用することがあります。
HGUCは①入手しやすさ②色分けごとに分割されてる③ポリキャップも用いた関節などの特徴があるため、旧キットと使い分けることで作業性が向上します。
旧キットを使う問題点としては、最新の形状・ディティールとつじつまを合わせることでしょうか?
とは言え、作るサイズはディフォルメサイズなので、あまり気にしなくても良いことも利点の1つかもしれませんね。
amx009_w.jpg
頭部
頭部のベースキットは三国伝「司馬懿サザビー」を使いました。
司馬懿サザビーじゃなくても、三国伝の頭部なら何でも良かったです。
マスクは1mmプラ板の箱組みで作り、司馬懿サザビーの頭部に接着し、エポパテで形状を整えて仕上げます。
モノアイは、ザクⅢやドーベンウルフと合わせるために、ビルダーズパーツを使用。

胴体
上下ともにHGUCを使用しました。
上半身は、奥行きはそのまま、幅を左右で合計2mm幅増し、胸は1mmボリュームアップしています。
左右にプラ板を貼ったことで、胸のダクト?も1mmプラ板を貼って対応。
胸のコクピットハッチ上部は、エポパテを盛って大きくしていますが、バランス見ながら調整しました。

下半身は、プラ板とエポパテで無理やり形状を合わせています。
力技過ぎて、説明するのは中々難しいです・・・
とは言え、一発でこの形状になった訳ではなく、何度も何度もトライ&エラーの繰り返しです。
動力パイプは、2mmスプリングとコトブキヤ製のモビルパイプを使用。

腕部
肩アーマー~下腕までHGUCのみ使用。
上腕を可動に支障が出ないギリギリまで切り詰めのみです。
後はUC版を使用したため、エングレービングを削り落とし、ZZ版に存在する動力パイプをスプリングで再現したくらいです。

脚部
脚部は旧キットを使用しました。
スリッパ、スネともに4~5mm程度切り詰めています。
また塗装を簡単に済ませるために、スネの円柱状のディティールは、エヴァーグリーン製のパイプに置き換えました。

バックパック
背中のトライブレードはHGUCを使っていますが、刃の部分が小ぶりのため、0.5mmプラ板3枚を積層して再現。
接続が接着なので強度がものすごく不安です・・・・(0.5mmの真鍮線や差込方式で対応すれば良かった)
背中のスラスターはHGUCの物に、旧キットのスラスターカバーを移植して大型化。
ヒートホークはHGUCの物で、合体した状態のものを使いました。

塗装
インディーブルー+パープル+ホワイト(クレオス)
ブルーFS15050(クレオス)
ハーマンレッド(クレオス)
サンシャインイエロー(ガイア)
MSファントムグレー(クレオス)
橙黄色(ガイア)

Newest

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。