aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライセン再開

前回のソルティックの記事から2日。
最近では珍しいスピード更新です。

ソルティックのときにも書きましたが、そろそろガンダム関係の作品に戻りたい!!
と言うことで、長いこと放置していたドライセンを引っ張りだしてきました。
初めて公開するわけではないので、覚えてる方もいるかも
以前書いた記事を遡ってみると、1年前でした
160812_1.jpg
160812_2.jpg
160812_3.jpg
放置した理由としては、まぁー色々とありますが、パテやプラ板をドカ盛りすると、やっぱりモチベーションが下がるわけですよ。
それと、ドライセンといえば部長さんがいますから、なんとか違いを出そうと、切った貼ったの繰り返し。
同じドライセンでも、だいぶ違いが出てきたように思えます。

160812_4.jpg
さて工作としては上の写真を参考にしてください。
一番のお気に入りは、ドライセンの頭部なんですが、勝手に「スクリームヘッド」と命名
映画のスクリームっぽく見えませんか???
後頭部は、しばいサザビーを使用しましたが、エポパテ盛ってるので芯にしかなっていません。
胴体は、左右と胸の斜面に1mmプラ板を貼り幅を増しています。
コクピットハッチの上部(キットではエングレービングされている)を、胴体の幅増しに合わせて大型化。

ザクⅢを作っていたときにも悩みましたが、「ボリュームある脛に、下半身をどのようにマッチングさせるか?」
脛の幅詰めは、それほど難しくないのですが、脛を収める下半身の大型化が悩みどころ。
脛と下半身の関係だけで大型化すると、今度は上半身と下半身のマッチングに問題が出てきます。
ドムやザクⅢのような作品を作るときは、常に全身を見ながら作業することが重要ですね。

160812_5.jpg
このドライセンが完成すれば、ラカンの搭乗機体が揃うので、完成目指して頑張ります

Newest

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。