aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

黒歴史~放置されたデストロイドシリーズ~

昨日は、静岡プラ酒会に参加してきました。
なにやら、名古屋のほうでも同様の飲み会があったようです。
40代のすごーいオジサンばかりで、楽しかったw
で、何も持っていけそうなモノが無かったので、既に黒歴史化してるマクロスネタを持っていきました。
20151128_12.jpg
20151128_11.jpg
トマホークは2009年に完成し、その後スタイル改修をして、何年放置してるかすら覚えてないw
もう・・・脚の原型が見つからず、説明できないですし、本人も覚えてません
最初に作ったトマホークを、後に作った「VF-1Jバトロイドと並べる」がコンセプトで、共通の足周り機コンプリートを目指していました。
結果として、当時入手しやすかったファランクスも形になってる訳です。

『頭部が無い人型だから簡単でしょ』これが最初にトマホークを作る動機でした。
こんな動機でよく作ろうと思った当時の自分が、今思うとすげーポジティブモデリングw
頭部って、SDを作るうえで一番SDらしさが出る部分ですよね?
そこが無いって、今思うと実は難易度が凄く高いと思うわけです。
そんな事を気にせず、勢いで作り上げた当時のトマホークがこちら↓
20151128_13.jpg
今見ると、やっぱりバランスが変
上半身のボリュームに対して、脚部が負けちゃってるんですよね。
それも横幅ではなく、脚の長さが明らかに不足気味。
それを踏まえて、5mm程度伸ばして新規に作った物が、最初の写真の状態になるわけです。
わりと設定画やWAVEさんのプラモデルの印象に近づいたと思うのですが、如何でしょうか

同じ人が、同じキットで、同じ物を、時間を経過してから作りなおすと、これだけ印象が変わるんです。
設定身長をスケールダウンして等のないのが、「SD」の良いところ。
だからこそ、それぞれのSDの捕らえ方が違って面白いんです



ここまで書いておきながら、このバトロイドたちの完成は未定です

Newest

Comment

Leave a comment