aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成 RX-121-1TR-1ヘイズル改 2015年

夏のコミケで発売された同人誌「G30」用に、5年ぶりにヘイズルを作らせて頂きました。
誌面でも触れられていますが、編集の尾上一等さんとは、以前静岡ホビーショーで出会っていたんです。
さらには尾上さんがDHMの編集をされていたときに、ホビーショーレポートとして、自分の作品を紹介もして頂いてました。
でも今回の同人誌の話が無ければ、2人とも知らない者同士だったんです。
偶然なんですよ、本当にただの偶然なんですが、そんな点と点が繋がったのが、2015年でした。

そんな偶然で出会った2人の共通点といえば、AOZです!!
AOZの魅力にどっぷりと浸かった学生時代、見るもの全てが新鮮で、この作品が無ければ、SDモデラーの自分はいなかったと思います。
そして、SDの本格改造の第1作目が、ヘイズル改でした。
そのほぼ10年後の2015年に、ヘイズル改のリメイクをする機会を頂けたことに感謝してます!!
tr1_2015_6.jpg

tr1_2015_4.jpg
tr1_2015_7.jpg
tr1_2015_8.jpg

誌面では、掲載出来なかった「サブアームユニット」装備状態がこちら
tr1_2015_3.jpg
tr1_2015_2.jpg
tr1_2015_1.jpg
tr1_2015_w1.jpg

頭部
BB戦士Oガンダムを使用しました。
頭頂部のカメラ部を切り取り、ヘイズルの特徴的なセンサーユニットを1mmプラ板で作り、額の部分は、Oガンダムの物にプラ板の箱組みを被せています。額両サイドのダクト?は、HGUCヘイズル改の膝のダクトを流用し、アンテナとの繋がり方は、エポパテで修正しています。
頬のダクトはOガンダムの物を削り、角バーニアとエポパテで作っています。

腕部
HGUCヘイズル改をベースに使用しました。
キットはフレーム構造になっており、そのままでは加工が難しいので、それ以前のHGUC風に変更しています。
肩に3mm軸を作り、上腕と関節カバーにHGUCガンダムMK-Ⅱ、下腕はHGUCヘイズル改の物を、スジ彫り部分で2~3mm詰めてます。
シールド保持用に、ヘイズルで初めて磁石を使ったのですが、小さい物を選択したため磁力が足らず、結果的に両面テープを使用することになりました・・・

胴体
BB戦士ガンダムNT-1のコクピット部を削り、HGUCヘイズル改の物を移植。
腰はBB戦士ガンダムNT-1の物にプラ板を貼り、2mm伸ばしています。
下半身はHGUCヘイズル改を使用し、サイドアーマーはHGUCガンダムMkⅡを加工し、磁石を仕込んでいます。
リアアーマーのみ、取り付け角度を変更してます。

脚部
電撃ホビーマガジン付録(付録キット)を使用しました。
HGUCよりもボリュームが控え気味で、SDにする際にはオススメです。
付録キットは2パーツのモナカキットのため、太もも・スネ・アンクルアーマーの3分割にします。(使用するのはスネのみ)
スネを大体膝下5mm程度まで切詰め、合せ目で3mm程度詰めています。
アンクルアーマーは、HGUCの物を3mm幅増し、スリッパ内部にボールジョイント受けを作り、スネと接続しています。
前後のダクトは一度開口し、内部はスジ彫りプラ板を貼り、0.5mmプラ板でフィンを作り直しています。

武器、バックパック、サブアームユニット
バックパックはHGUCのままですが、リアアーマーと干渉する部分を削りました。
武器もHGUCのままです。
サブアームユニットはそのまま、センターアーマーもそのままですから、問題なく脱着ができます。

デカール
HGUCヘイズル改用のガンダムデカールが手に入らなかったため、以前TR-2用として作った物を代用しました。
シールドのTRマークは、1枚では透けてしまい、2枚貼って白の発色を強めています。
tr1_2015_wd.jpg

グレーFS36375(クレオス)
ブルーFS15050(クレオス)
キャラクターイエロー(クレオス)
MSファントムグレーUG15(クレオス)
モンザレッド(クレオス)

Newest

Comment

asp #-

かさばる兄さん

コメント、あいがとうございます!!
同じ題材だからこそ、どこが難しいか分かって見ると、面白いかもしれませんね。
脚部は、同じ1/144スケールのDHM付録キットです。
1/200の付録のではないです、説明が不足してました(汗

額ダクト>
精度が必要な部分は、やっぱりメーカー品のパーツの方が良いです。
だから、似てるパーツの膝パーツを使用しました。

首と言うか、肩のバーについては、完全に省略しました。
大きい頭部が乗ると見えないですし、顎が引けることを優先した結果です。
SDって、1/144や1/100と違って、物凄く制限されるスケールです。
制限された中で、何を優先すべき・省略するかを、見極める事が重要かもしれませんね。

2015/10/31 (Sat) 12:22 | URL | 編集 | 返信 | 

かさばる兄さん(かさ兄) #-

aspさん、こんばんは!
さすがの出来にうおおおと声を出して見てますw

なまじ同じ題材にトライしただけに、
いろんな部分で勉強になります。
特に脚部の縮め方が、まさかのスケール違いのDHMの付録から持ってくるという発想・・・ッ!
額ダクトを脚部から持ってきちゃうとか
やられた!と、柔軟な発想に驚きっぱなしです。

首横の、バーの部分があるゆえ頭が干渉して、首をあまり引けない部分も見事にクリア。
ほんと、流石です!

2015/10/30 (Fri) 18:57 | URL | 編集 | 返信 | 

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。