aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mig-29フルクラム その2

連休は、金曜にスコタコⅡの頭部を少し手を加えてました。土曜日は、飛行機キットの仮組み中の物を接着出来そうな所を接着し始め、その夜に2004年の航空ファンを読んでいると、なぜか無性にドイツ軍機のMig-29Gを作りたい衝動に駆られました。
デカール待ちしていたミグがあるので、それをドイツからポーランドに引き渡される2901編隊所属機にしようと思って、これまた放置中だったタミヤ(イタレリ)のファントムからデカールを使えそうだったので拝借してきました。
しかし・・・エスコンを意識していたので、ミドリ色の2色迷彩。これは、ロシアンミグの塗装に近いんですよね。ロシアンミグがドイツミグにしようと思うと、全塗装間違いないです。そんなこんなで土曜日は、夜遅くまで悩みつづけて寝てしまいましたw

そして本日、午前中に再度考え、ロシアンミグ塗装のドイツ機があってもいいよね・・・いいよな・・・・いいのか・・・・・良くないよな?・・・・・・ダメだな。
結局このドイツからポーランドへの引渡しミグは断念しました。(でも近いうちにやりたいと思っています。だって、両翼用の増槽作っちゃったもん。
ということで、結局キット付属のロシア空軍のデカールを貼ることに。
でも、どーしてもドイツ空軍機が作りたくて、放置中のファントムを急遽F-4Fにすることに。この突然の変更により、ワイルド・ウィーゼルだったF-4Gの兵装を取っ払い、AIM-9を装備できるようにハセガワ武器セットからパイロンを拝借し、現物合わせでイタレリのキットと合体。夜までには、基本塗装を終えるところまで進めました。
が、ここで大問題が発生!!後部座席のキャノピーとファントム本体とに0.5mmほどの隙間が出来てしまって・・・・塗装を中断するハメに。結局プラ板をかませて対処することにしましたが、勘弁して下さいよ。

とりあえず、週末にはロシアンミグくらいはアップできるようにしたいと思っています。

Newest

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。