aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成 RX-78-2ガンダムver.SHIZUOKA@2010 2014年

第25回モデラーズクラブ合同展示会の企画展「RX-78-1~3」コンペに展示した作品です。
地元ということで、東静岡駅で展示されていた「等身大ガンダム」をモチーフに、異なるスケールのフィギュアを使い、ビネットとして仕上げました。
本来は、プロトタイプを展示する予定でしたが・・・・rx78_04.jpg
rx78_01.jpg

rx78_05.jpg

rx78_03.jpg

rx78_02.jpg

rx78_06.jpg

rx78_07.jpg

rx78_09.jpg

rx78_08.jpg

使用キットについて
レギュレーションにより、「HGUC RX78ガンダム」を使用することなり、HGUCを基本キットとし、頭部はBB戦士RX-78ガンダム(No.329)を使用しました。
※東静岡ガンダムにするため、限定品を使用しています。

頭部マスクは、元のマスクを切離し、ユニコーンガンダムのマスクを流用しました。
Oガンダム、ユニコーン共にマスク形状はとても良いので、お勧めの改造方法です。
Oガンダムはエッジが効いたカッチリとした印象、ユニコーンはアールが強めで少し優しい印象になります。

胴体は、HGUC胸部を幅増し、コアブロック収納部分の長さを切詰めています。
バックパックは、BB戦士の基部に、サーベル受けをHGUCから移植しました。
バーニア部分はアフターパーツを使用。

腰部は、HGUCを使用しました。
サイドアーマーの両端を計2mm幅増し、リアアーマーの接続を後方に2mm程度移動し、上半身とのつながりを調整してあります。

腕部はHGUCを使用し、上腕を2~3mm、下腕は手首付近で2~3mm程度切詰めています。
右手首はサーベルを持たせるために角度をつけたあります。(実物も角度の付いた手首になっています)

脚部はHGUCを使用しています。
加工方法は・・・・忘れました
ゴメンナサイ・・・・でもポイントは、脹脛の再現です。
ガンダムだけでなくジムでもいえますが、この位の大きさになると、脹脛をどこまで再現するが重要で、無いと違和感あるし、長すぎても違和感がある。
ガンダム製作の一番の難所と言えるかもしれません。

ベースは、東静岡展示したさいの限定キット付属の物に、0.5mmの真鍮線で手すりを製作。
フィギュアは、アーマードファクトリー付属の1/100フィギュアを使い、一部ポーズ変更を行っています。
一般のお客さんとして塗装しても良かったのですが、「ガンダム世界に登場するキャラクターにコスプレしてる人」として見ました(笑

マーキングは、MGver3.0のガンダムデカールを使用しています。
等身大ガンダムが元になってるようで、実物とほぼ同じマーキングが入っていることに驚きました。
ただ等身大とは一部マーキングが異なる部分がありますが、そこは作る時間が無かったため、ver3.0のままになっています。

Newest

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。