aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成 HM エルガイムMk-1 2014年

第25回モデラーズクラブ合同展示会の新作として出展した、HMエルガイムMk-1です。
エルガイム30周年の記念」に、ディフォルメ作品として展示が出来て良かったです。
lg1.jpg

lg2.jpg
lg3.jpg
lg4.jpg

lg6.jpg

lg7.jpg

lg9.jpg

lg8.jpg

使用キットについて
今回は1/144・1/100エルガイムMk-Ⅰのキットを使用しました。(一部時間が無かったためHG使用)
構成としては、頭部が1/100、それ以外が1/144となります。
具体的に「どこをどうしたのか?」という説明が出来ないので、大まかな説明になります。

頭部は1/100キットを使用します。勿体無いですが、1/100はこれだけ
当時の記事を読むと、評価の高いキットですが、「頭部の造詣が・・・・」とありました。
でも、ディフォルメにすると、あら不思議凄く格好良い頭部に大変身します。
接続用の首パーツを作っただけで、それ以外のディティールアップは一切していません。
ただ後ろから首が丸見えなので、HM特有のケーブルを追加してあります。

胴体は1/144をベースに接着面で3mm程度幅増し、横幅を左右合計4mm程度切落しています。
腰ラバーパーツはジャンクになっていたHGジンの物にエポパテを巻き、硬化後に整形しました。
下半身は胴体の幅増しに合わせて3mm増し、関節はBB戦士のジャンクパーツを利用。

腕部は1/144とほぼ同じ構成で、肩アーマーは接着面で1mm増し、二の腕は上部を2mm切詰めてありますj。
肘関節は、イエローサブマリンの球体関節を使用しました。

脛は1/144を使用し足首側から7mm程度の場所で切断し、アンクルアーマーを再接着しました。
足首をプラサポで作り、脛と接続してあります。
足はは爪先は旧キット、踵がHGのハイブリット(旧キットでも良かったのですが・・・・)

バスターランチャーとランドブースターはHG、ランドブースターと本体接続用の基部は旧キットを使用。
両方とも造詣に関しては、HGも旧キットもほぼ同等ですが、パイボットのパーツ化されていたり、ランドブースターの分割が変更されているので、塗装する際は助かりました。

□Exホワイト(ガイア)
MSグレーUG15(クレオス)
サンディブラウン(クレオス)
ミディアムブルー(ガイア)
Exブラック(ガイア)
ハーマンレッド(クレオス)

タグ:エルガイム SD

Newest

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。