aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成 RX-0 フルアーマー・ユニコーンガンダム(Dモード) 2014年

第25回モデラーズクラブ合同展示会の新作として出展した、フルアーマーユニコーンです。
本体は以前製作したユニコーンガンダムに、兵装を追加したEp7仕様として製作しました。
こちらの作品は、GHL005(ガンダムホビーライフ)の「静岡ホビーショー記事」に掲載されました。
rx0fa_7.jpg
rx0fa_6.jpg

rx0fa_4.jpg

rx0fa_3.jpg

rx0fa_5.jpg

rx0fa_1.jpg
本体については、以前の記事をご覧下さい。
追加兵装については、HGUCフルアーマーユニコーン(Uモード)のものを使用しました。(購入した時期がDモード版発売前のため)
そのため、NTD発動状態のシールドが残り2枚必要なのですが、1枚はバンシィの不要パーツから流用し、もう一枚は背面のため発動前のシールドにしました。

追加パーツはほぼキットをストレートに組んだのみですが、合せ目にくるモールドなどプラ板・プラ棒で作り直してあります。
バズーカは伸びた状態のパーツを外せば、SDに持たせるに丁度良い長さになるので、お勧めです!!
バズーカ外側に付くスタークジェガン用対艦ミサイルランチャーは、キットのままでは肩アーマーやシールドで隠れてしまうので、接続ピンを3mm程度下げました。

ほとんどのパーツはそのままですが、唯一プロペラントタンクのみ切詰め加工を行っています。
キットを3ブロック分切落し、再接着しました。
左右で切詰める部分を間違えましたが、作業性や強度を考えると、当然下側(スタンド保持用アナがある方)を切詰めましょう。
デカールは、HGUCユニコーン用を使用し、MGユニコーンの作例を参考に貼りました。
単純な面構成や小さなコーション類がほとんどなので、シナンジュの時よりも楽さえてもらいました。

ミッドナイトブルー(ガイア)
ニュートラルグレーⅤ(ガイア)
■Ex-ブラック(ガイア)
ガンメタル(ガイア)
MSグレーUG09(クレオス)
ハーマンレッド(クレオス)

Newest

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。