aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

1/24 スコープドッグ その1

今年最初の製作記事はSDではなく、タカラの1/24スコタコです。
これは6~7年くらい前に購入して、マスターグレードのF2ザクのフレームとニコイチ製作中に放置した作品です。
昨年押し入れを整理していたら、たまたま出てきたので、昨日より手を入れ始めました。
発売当初より24のタコは評判がよく、今でも根強い人気があるキットです。
まぁ、今ならバンダイ製のタコやWAVEの追加パーツもありますので、好みが分かれるところでしょうね。

さてこのキットですが、以前はタカラ版24タコの顔が好きではありませんでした。
今思うと不思議な話なんですけどね
多分、潰れ過ぎ頭部と広すぎるバイザーが原因でしょう。
と言うことで、まずバイザーを3mm程度切り詰めました。
次に肩幅が広すぎるように見えたので、胴体中央で3mm~4mm程度切詰めました。
これで、少しヒロイックなスタイルになったんじゃないですか
結果として、胴体のバランス調整に手間取りましたが
胴体内部にF2ザクの肩フレームを入れて、上下のスイングを出来るようにしました。

タカラ版の股関節は脆いため、アフターパーツでBJ化してあります。
膝下と太ももが挟み込みだったため、後ハメ加工を施してあります。
足首も同様に挟み込みですが加工が面倒なため、ここはマスキングで対応します。

140105_1.jpg
140105_2.jpg
個人的には悪くないと思うのですが、どうですか
腰のクビレを和らげる意味で、両サイドに1mmプラ板を貼っても良さそう。

ここまでやって大問題が・・・・
ターンピックが見つからない
多分、SDスコタコを作った際に資料として見ていたと思うのですが、どこにしまったか分からない。
ちょっと勿体無いですが、ターボカスタムパーツセットを使用して、スコタコTCにしようと思ったのですが、脚の長さが違うんですね
仕方ないので、今度マーシィドッグの脚を組んでみようと思います。

今回の教訓
参考にしたパーツは、元キットの箱に戻しましょう。

Newest

Comment

Leave a comment