aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

完成品 RX-0 ユニコーン&バンシィ 2013年

第24回モデラーズクラブ合同展示会の新作として出展した、ユニコーンとバンシィです。
昨年の展示会終了後に行きぬきとして作り始めた作品で、当時はBB戦士でバンシィが発売される前でした。
息抜きのため、デカールは貼ってませんが、今後改善されるかもしれません。
rx0u_1.jpg
rx0u_2.jpg

rx0u_3.jpg

今回のユニコーンは変形をオミットしたユニコーンモード(以下UM)限定で製作しました。
また、「手軽にHGUCとSDをミキシングするためには?」をコンセプトに、パテやプラ板の使用を極力減らすこともしました。

本作品を製作するに当たっては、BB戦士ユニコーンとHGUCユニコーンUM(またはバンシィUM)の2つを使用。
BB戦士:頭部、上半身、肩アーマー
HGUC :腕一式、下半身、脚部一式(太ももは不要)、バックパック、兵装一式
あとは単純に、これらを組み合わせていきます。
ただし1/144→SDへの変換には、脚部の短縮は必須加工になりますので、膝上を切落します。
切落すと空洞になるため、ボールジョイント受けやプラサポなりで、股関節と接続してやります。

BB戦士の上半身とHGUCの下半身の繋がりは、違和感がありませんので、腰と干渉するリアアーマーのみ削って調整してあげます。
またUM限定としましたので、胴体の開閉ギミックは接着して、表面がツライチになるようにペーパー掛けしてあります。
頭部と胴体の隙間を見せないようするため、バックパックを少し上側に設置するため、首の軸は少し長めに変えてあげると良いかもしれません。
好みの問題ですが、上腕は調整しながら短くしてあげて方が良いかもしれません。
今回はキットのままなので、多少長く見えてしまいますが、腕を曲げたり、平手ではなく握り拳にすることで、違和感が薄れます

頭部はキットのままですが、Dモード時のガンダムマスクは別の作品に転用しましょう。
マスクの造詣としては、Oガンダムにも負けないほど、かっこ良いものです。
バンシィの頭部については、製作当初はBB戦士が販売されていなかったので、プラ板とパテ、ジャンク品を使ってバンシィっぽく作ってあります。
まぁ~パっと見たときに、”バンシィだ”と思ってもらえれば・・・・

今回の作品は、市販のBB戦士では満足してない方や、幅増し・幅詰め・延長などはちょっと・・・と思う方には、入門作品として調度良いと思います。
是非、興味のある方が居ましたら、作ってみては如何でしょうか
ただし、このスタイルが好みだったら・・・って前提ですけどね


rx0b_2.jpg

rx0b_3.jpg

rx0b_4.jpg

rx0b_5.jpg

rx0b_1.jpg

ユニコーン
□Exホワイト(ガイア)
ブルーFS15050(クレオス)
グレーFS36270(クレオス)

バンシィ
ミッドナイトブルー(ガイア)
シルバー下地+スターブライトブラス(ガイア)
※バンシィの基本色は人それぞれで捉え方が異なります。

共通
グレーFS36270(クレオス)
ブラック+MSグレー連邦系UG05(クレオス)

Newest

Comment

asp #-

よたろうさん

初めまして!!
よたろうさんのブログは以前から拝見しておりました。
自分なんかの作品を参考にして頂けるとは、嬉しい限りですよ。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!!

2013/07/17 (Wed) 21:22 | URL | 編集 | 返信 | 

よたろう #-

はじめまして、よたろうと申します。

SDとHGのミキシングでUMを作ろうと思っていたところでaspさんの作品を拝見していろいろと参考にさせていただきながら私もUMで製作しています。

これからも楽しみに拝見させていただきます。

2013/07/16 (Tue) 14:03 | URL | 編集 | 返信 | 

Leave a comment