aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

完成品 MS-09F/TROP ドム・トローペン + MS-06G ドワッジ 2013年

第24回モデラーズクラブ合同展示会の新作として出展した、ドムトローペンとドワッジです。
今年の企画展は「機動戦士ガンダムUC」。UC4でのジオン残党軍の活躍は凄かった
と、言うことでドワッジ作ったらトロペーンも一緒にと言うことになったわけです。
ms09ft7.jpg

ms09ft3.jpg

ms09ft2.jpg

ms09ft1.jpg

ms09ft4.jpg

ms09ft5.jpg

ms09ft6.jpg
まずはトローペンから解説していきます。
今回使用したキットは、Gジェネキットのドム、HGUCドムトローペンの2個。
とても経済的に作品を作れたと思います。
マシンガンのみ、ジャンクのF2ザクのものを使用しています。トローペンデザートカラーに付属するものよりも、出来が良いように見えます。
今回のトローペンは会場初公開のため、過去記事に製作記がありません。
ってことは、すっかり忘れてるわけですよ

気を取り直して、他の作品同様に脚部から製作しています。
幅詰めに関しては、接着面で5~6mm程度は詰めたと思います。また膝アーマーは、余分な部分を切落し、エポパテで隙間を調整しながら形にしています。
胴体が一番手を加えています。
下半身のアーマー類は脚部のバランスを見ながら、プラ板やエポパテを使い大型化しています。
腰はキットをゲージにしつつパテで大型化し、コクピットハッチはエポパテの削り出し。
上半身は、接着面で3~4mm幅増し、パーツ中央でも3~4mmの幅増しを行っています。
腕部は、キットのままです。
頭部は、Gジェネキットをゲージにして、エポパテで形状変更してあります。
赤いマスク?部分はドワッジとは異なるのですが、言われなければ、あまり違いがはっきりしないのが、今回の反省点ですね。
モノアイはビルダーズパーツを使用しています。
ms09g1.jpg

ms09g2.jpg

ms09g3.jpg

ms09g4.jpg

ms09g5.jpg

ms09g6.jpg

続きましてドワッジの解説です。
使用キットは旧キットドワッジ、Gジェネキットドム、HGUCドムの3個。
トローペンよりもブルジョア作品で、HGキットが6割以上残ってしまった・・・・当然Gジェネキットは頭以外残ってますけどね。

さてパーツ構成としては、脚部は旧キット、下半身はHGUC、上半身は旧キット+Gジェネキット、腕部はHGUCとなっています。
今回の作品では、胴体とGジェネキットの頭部を違和感無く繋げることが苦労しました。
Gジェネキットの前頭部を幅の基準として、後頭部はエポパテで胴体と接続させました。
また胸当てはHGキットのため、旧キットの背中との幅が異なり、エポパテで調整しています。
次に苦労した部分では、下半身のリアアーマーですかね~
あのカウンタックのようディティールを殺さずに、パーツ中央で幅増しを行い、形状を合わせました。

ドムトローペン
ダークイエロー(クレオス)
ウッドブラウン(クレオス)
黒鉄色(クレオス)

ドワッジ
サンディブラウン(クレオス)
オリーブドラブ2(クレオス)
ダークアース(クレオス)
ミッドナイトブルー(ガイア)+ウィノーブラック(クレオス)

共通
ハーマンレッド(クレオス)
MSグレージオン系UG09(クレオス)

Newest

Comment

asp #-

SVXさん

ドムトロ待ったましたよー! >
ありがとうございます!!、大変お待たせしました。
シナンジュ以上に愛情を注いだ甲斐がありましたよ(笑
ドワッジも作っていたときは、「凄く良い!」と思っていましたが、トローペンを見た後では、色んなところに要改善箇所が見て取れます。

2013/07/14 (Sun) 08:21 | URL | 編集 | 返信 | 

SVX #dxh2Uhv6

キーター!

ドムトロ待ったましたよー!

足なんて、5mm以上詰めたとは思えない自然な仕上がり!!

胴体の横への幅増しも自然ですねー。

それもこれも、
ドワッジを先に製作したからこそだと思いますが、
そのドワッジのクオリティも激高!

いやー、静岡並びに、本UP、
眼福です!

2013/07/11 (Thu) 12:59 | URL | 編集 | 返信 | 

Leave a comment