aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成品  AMS-129 ギラ・ズール + AMS-129M ゼー・ズール 2013年

第24回モデラーズクラブ合同展示会の新作として出展した、ギラ・ズール(アンジェロ機)とゼー・ズールです。
今年の企画展は「機動戦士ガンダムUC」。シナンジュを展示するならローゼン・ズールと行きたいところでしたが、時間的に間に合わず、ギラ・ズールとなりました。
またバリエーション作品ということで、ゼー・ズールも製作。
gza8.jpg
gza1.jpg

gza2.jpg

gza3.jpg

gza4.jpg

gza5.jpg

gza6.jpg

gza7.jpg

基本的な工作については、以前製作したギラズールと同様です。
今回はアンジェロ機ということで、袖に加えて、肩アーマーのエングレービング、ランゲ・ブルーノ砲改が追加工作となります。
エングレービングは、スパイクアーマーをアフターパーツに置き換えるために、一度全てを削り落とし、ハンダ線で作り直してあります。
アンジェロ機の特徴としては、ランゲ・ブルーノ砲改は欠かせないものですから、ちょっとだけ拘ってみました。
まずは、砲身を1/35スケール用のメタル砲身に交換。
当初はマズルブレーキが違ったり、砲身が長くなったりと、ちょっと違和感がありましたが、完成後は”あり”ですね!!
ただ欠点は、重たいと言うことだけ・・・・
ちなみにランゲ・ブルーノ砲は、以前作った一般機にも当然装着できます。
今回の展示のために、一般機のモノアイは小さいもに交換し、シリーズとして統一してみました。

zza1.jpg

zza2.jpg

zza3.jpg

zza4.jpg

zza5.jpg

zza6.jpg
つづいてはep4で活躍した「ゼー・ズール」です。
こちらもアンジェロ機同様に、工作自体は一般機と同じです。
追加工作としては、首周りのバラストタンクを含めたゼー・ズール用装備一式となります。
首周りのバラストタンクのみ、キットが使えないため、エポパテからの削り出しですが、それ以外は形状も取付け方法もキットのままのため、取り外しが可能となっています。

アンジェロ機
パープルヴァイオレット+ブリリアントピンク+Exホワイト(ガイア)
上記同様で割合を変えています。
パープルヴァイオレット(ガイア)
ダークアース(クレオス)
グレーFS36270(クレオス)

ゼー・ズール
ブルーFS15050(クレオス)
ミディアムブルー(クレオス)
ミッドナイトブルー(ガイア)

共通
MSグレージオン系UG09(クレオス)
ブライトシルバー(ガイア)
エナメルブラック(タミヤ)
□Exホワイト(ガイア)

Newest

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。