aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

2月になりました

前回から・・・・大分経ってしまいました
その間、何をしていたかと言えば、せっせと新規で作品作りをしていた訳でしてね。

でも、これについては会場で初公開って形にするのも面白いかなと思います。
決して、記事書くのが面倒だとか、記事用の写真を撮ってないとか、実は嘘でしたとかではないですよ
ただ今年に入って模型ネタの記事が無いのも申し訳ないので、一部だけ公開します

UC4巻にドワッジ、トローペンと共に登場したディザートザクです。
実はコレ、昨年の企画展「Z&ZZ」に間に合わなかった作品でして、それを再度作り直していた物です。
ちなみに、この写真は1月中旬頃に撮影したもので、現状は9割程度工作が終っています。
そしてDザク製作の際、部長さんとiyoさんにスタイルについて、とても参考になるご意見を頂くことが出来て、とても感謝してます

130113_6.jpg

130113_5.jpg
Dザクの製作については、部長さんの砂ザク製作記事を教本としました。
頭部の削り込み具合は、製作者の好みとか感覚に左右されると思いますので、部長さんよりも少し丸みがある卵型になりました。それ以外は、製作記事どおりに作っています。

胴体の幅増しについては、Dザクキットの胴体を被せる形で省略。
あの分割・幅増し作業に耐えられそうにないですよ

130113_7.jpg
脚部については、F2にDザクの外装を無理矢理設置し、後ろ側のダクト取付け部はエポパテ製作。
昨年の企画展に間に合わなかった最大の原因は、ココなんです

130113_3.jpg
こちらは、下半身と脚部の接続方法です。
部長さんの作品って、脚部の接続方法に不明な部分があり、自分にとってはブラックボックスでした。
それを独自解釈したのが、こちらの写真です。
脚部にエポパテ(写真はレジン棒)を6mm球が入る程度充填して、イエサブ関節技で接続する形を取りました。

こんな感じで、新規作品を作っていた訳です。
最後の写真で2体目のシークレットが分かってしまいそうですけど、3体目のシークレットは5月の展示会で

Newest

Comment

Leave a comment