aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えーっと・・・・

こんばんは。ガオー完成し、SD模型製作意欲が一気に下がったaspです。
現在は、レポートに追われています・・・・これがまた曲者でして。

レポートの合間に、飛行機模型の蓋をまた開けてしまいました。イタレリ製「F-16C/Dナイトファルコン」です。SHSのミニフリマで見つけて衝動買いしてしまった物です。前回F-16を作ったときには複座型だったので今回は単座型で。

キットですけど、モールドは凹モールドでとりあえずは合格。が、そのモールドが浅すぎるので筋彫りし直しています。また、コクピットもキットの物ではなく、ハセガワのF-16B製作時に不要になった単座型の物を微調整して使用。サイドコンソールのデカールが入ってないのですが・・・・イタレリさん。
なのでデカールを自作しました。
実は海外メーカーのキットは、このナイトファルコンが初めてだったりします。単座、複座用のキャノピーが入っていたり、A/B型の垂直尾翼が入っていたり、シートが2つ入っていたりして最初はラッキーなんて思っていましたが、キャノピーの透明度がハセガワやフジミの物と比べて良くないです。コクピット周りで言えばHUDがありませんでした。必要なものが無く、要らないものが入っている何とも複雑な気持ちにさせるキットです。

部品の分割は、ハセガワと似てるので作り易いです。というよりも、これがF-16のキットの常識的な分割なのでしょうね?飛行機模型を作るようになって、F-16の良さが分かってきた気がします。

Newest

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。