aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

完成品 MS-09R[Stutzer] リックドムシュトゥッツァー 2008年

シュトゥッツァーシリーズの1つ、リックドムシュトゥッツァーです。
ms09st_1.jpg
ms09st_2.jpg

ms09st_3.jpg

ms09st_4.jpg

ms09st_5.jpg

ms09st_6.jpg

<頭部>
 Gジェネキットのドムを使用し、モノアイを可動できるようにしています(それほどの効果はありませんが)。

<上半身>
 Gジェネキットの上からプラ板やパテで製作したシュトゥッツァーユニットを増設。後ろの機雷散布ユニットは無可動。肩部にはミサイルポットが1~4基搭載出来るようになっていますが、今回は右手にバズーカを持たせたことで、左肩に1基装備させることにしました。

<下半身>
 Gジェネキットをベースに、腰部で3mm程度増し、スカート丈は1mm増しでライン調整しています。また下半身は合せ目で1~2mm程度幅詰めしています。

<腕部>
 腕はGジェネキットをベースにポーズを付けて固定にしてあります。

<脚部>
 脚部はGジェネキットをベースに全体で10mm程度(だったと思います)高さをあげています。その際、BJを増設して表現付けをできるようにしてあります。

<塗装>
印象的な紫は、ガイアカラーの「ラベンダー」とブルーで調色した紫を使用。(ラベンダー8:ブルー1:ホワイト1の割合)
今回の塗装は、雑ですみません・・・

 今回のドムで初期シュトゥッツァーシリーズは完成しました。結局1年に1個程度の頻度で作っていたんですね。中でもGジェネキットのドムをザクⅡ程度のバランスに持っていくことに苦労しました。そろそろ、ドムをリメイクしても良いのでは?と思いますけどね。

Newest

Comment

Leave a comment