aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成品 X・ATH-02 ストライクドッグ 2010年

第21回モデラーズクラブ合同展示会の新作として出展した、「バトル・オブ・クメン」です。
以前ギルガメス文字のデカールを作りたくて、ネットで拾った書体がやっと使い道を発揮しました。
xath02_1.jpg
xath02_3.jpg

xath02_2.jpg

xath02_4.jpg

xath02_5.jpg

xath02_6.jpg

xath02_7.jpg

xath02_8.jpg

xath02_10.jpg

今回の作品は、過去に製作したストライクドッグのリメイク作品です。
そのため、旧作品からは、頭部、胴体、バックパック、肩アーマーを使用し、新規パーツとして、腕部、脚部を使用しました。
また前作との最大の違いは、今回はビネット風の固定作品にしたこと。
固定にしたことで、腰の捻りや膝の曲げが自然な形で表現できたと思います。
ヨンコラさんとのコラボサイトに同じようなポーズの画像がありますが、球体間接がむき出しで、ぎこちない・・・・

旧作品を最大限に活用するために、不要になった腕部は「メルキア軍カラーのスコタコからもぎ取った」として右腕に持たせてみました。その際、ジョイント部をそれらしく作ってあります。

今回の新規パーツ(腕と脚)はスコタコver.3.0として作ったもので、大幅に改修した結果、スコタコver2.0よりも大型化しました。
そのため、2.0と3.0を比較するとM級とH級くらいの差が出たので、今回のような改造には調度良かったかもしれません。

ビネット風作品ということで、ベースは100均の木製ボックスに、スチレンボードでクメン地域に存在するであろう寺院の石畳を再現。土の表現は、との粉を使いましたが、その後に湿地帯のような濡れた感じに塗装するべきだったかもしれません。

塗装に関しては、前回のストライクドックほどのことはしてませんが、基本塗装はガイアカラーのウルトラブルーの吹きっぱなし。
旧作の色調も嫌いではないですが、今回のブルーも気に入っています。流石ガイアカラーさん(笑
ただ再塗装の際にバイザーを間違えてグレーで塗装してしまいましたが、これはこれで良いかもしれません。
メルキア空挺部隊のスコタコカラーは、ガイアカラーのラベンダー。
WAVEのZバーニアがスコタコレンズなら、ガイアのラベンダーはメルキアタコのための塗料と言っても過言でないかも。

今回のリメイクは案外上手い事まとまって、良かったです。
これを機会に、ヌメリコフドッグやフォックススペシャルなんかもリメイクしたいです。

Newest

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。