aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

完成品 RX-121 [TR-1] ヘイズル 2010年

第21回モデラーズクラブ合同展示会の新作として出展した、初期カラーのヘイズルです。
展示スペースの拡大によって、展示作品が不足することを心配し、突貫作業で作った作品です。
tr1_2.jpg


tr1_3.jpg

tr1_4.jpg

tr1_5.jpg
「My hiding place」として活動し始めたころ、フルアーマー形態で一度作りましたが、当時から不満が残る作品でした。
そんな不満が残ったヘイズルを突貫作業でリベンジしたのが、今回の作品です。
そもそもなぜチョバムアーマーを装備した状態を選んだのか?
それは突貫作業だけに、胴体の塗分けが面倒であったから・・・・だけではなく、アウスラ同様に、後付感があるから。

tr1_1.jpg

tr1_6.jpg
頭部はアドバンスド・ヘイズル製作時に複製した顔を使っています。
イカロスユニット製作時には、ダクト部を手抜きしましたが、今回はそれなりに見える頭部になったと思います。
脚部はNT-1の外側を2個1して複製し、ヘイズルの記号を追加するという今まで通りの作り方。
腕部もAヘイズル製作時に複製したものに、拳はコトブキヤのノーマルハンドを使用。この拳は使える!!と思いましたが、在庫が無いみたいですね・・・
チョバムアーマーはBB戦士NT-1から流用しました。
毎度の事ながら、今回も武装は間に合いませんでしたので、次回以降武装を揃える予定です。
ライフル両手持ちのイメージが強いので、その方向で。

塗装(クレオス、G=ガイアカラー)
白 クールホワイト
赤 Gブライトレッド
黄 クールホワイト下地+Gサンシャインイエロー
緑 ルマングリーン
紺 ミディアムブルー→薄紺
紺 ブルーFS15050(ブルーエンジェルスカラー)→濃紺
灰 ダークシーグレー(BS381C/638)
クリア スーパークリアⅢ

色を作るのって案外思い通りに出来ない事が多くて、ムダにすることって無いですか?(私だけかも
市販塗料でT3カラーを再現する際、エンジェルスブルーとミディアムブルーが一番しっくりくる紺でした。
クレオスの専用塗料買えば済む話なんですけどね。

Newest

Comment

Leave a comment