aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

展示会終って、そろそろ一週間

こんにちは、aspです。
本日は公休日のため、自宅でまったりと過ごしています。

皆様コメントありがとうございます。
返事が遅くなってしまい、申し訳ないです。
ちょっと長文になりそうですが・・・・・

ti0719さん>
展示会お疲れ様でした。
POPの効果は確かに良かったです。言い方は悪いですが、「POPを見たら作品を見る」という強制力があり、結果的にじっくりと作品を見てもらえることに繋がったと思います。
ti0719さんがコメントしてくれた通り、HGやMGなどのリアル等身系と比べると、ディフォルメ作品の制作方法を紹介し難い部分が多々あると思います。
展示会終了後に思いついたのは、ストレート組み、製作途中サフ吹き手前、完成品と同じ作品を3体並べるのもありかなと・・・
(製作する側は大変かもしれませんけど)
今回も参加して頂きありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

かめちーさん>
はじめまして。
展示会では「倶楽部ディフォルメ屋」にお立ち寄り頂き、ありがとうございました。
私としては、SDのコジンマリとした地味さに惹かれた部分があるのかもしれません(笑
場所をとらないのが一番良いですが、AOZ系は・・・・

ti0719さんのブログでかめちーさんが「ニチユ プラッター」に興味をお持ちのようでしたので、少しだけ製作時の小話をしましょう。
プラッターを作ったのはペリカンさんという方で、ペリカンさんもそれ絡みのお仕事をしてる方ですので、細かい部分の考察を良くされています。
このペリカンさんの汚し方法が独特で、キャラクター物を作っている私にはマネする勇気がない方法です。
それは「カバヤキ」と彼は呼んでいます。
水生絵具の薄め液を作り、その中に作品を浸すという荒業。彼曰く、「自然な汚しになる」とか・・・
来年もペリカンさんは、カバヤキで汚したマニアックな作品を作ってくれるでしょう(笑

今後ともよろしくお願いしますね。

iyo08さん>
はじめまして。
「倶楽部ディフォルメ屋」にお立ち寄り頂き、ありがとうございます。
iyo08さんもAOZとSDが好きだったんですか!?それならば、是非会場でお話をしたかったですね。

キハールに関して言えば、初参加した時から展示しているもので、今回で4回目。
当時は自分でも「ゲテモノMS」を良く作ったなと愛着がありましたが、回を重ねることにTR-4やTR-5、今回のTR-2と言った大型ゲテモノMSによって影が薄くなり、今回のTRシリーズコンプリート展示で終わりにしようかと思っていました。

ただ、TR-2よりもTR-4よりもTR-3の写真を撮影してくれる方が多く、何か複雑な気分になっています。
それでも毎回「キハールだー、アッシマーだー」と言って見てくれる方がいるのは嬉しいことです。

是非来年もお時間がありましたら、展示会にお越し下さい。
今後ともよろしくお願いします。

Newest

Comment

Leave a comment