aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

完成品 TR-4 2007年

「TR-4 ダンディライアン」プロジェクト完了しました。長かった・・・・キハール同様長かった。
このダンディライアンの製作開始は確か2005年1月~2月くらいなので、約2年の制作期間。キハール宇宙戦仕様と平行して作っていた初代ダンディと比較すると、月日の経過とは恐ろしいものです。 今回の2代目ダンディの9割以上が新規作成部品。初代から持ってきた部品は、モジュール爪、モジュールフロントアーマー、モジュールバックパック基部の3点。と言っても、これらの部品も再改修を行っているので、丸々オリジナルではありません。
tr4_1.jpg
tr4_11.jpg
tr4_5.jpg
頭部
ヘルメットは司馬懿サザビーの兜を整形してマラサイのように見えるようにしました。アンテナ基部はエポパテ、アンテナは1mm*2、0.5mm*2の積層で製作。フェイス部はザクヲを使い、切り裂きはパテで埋め、動力パイプの付根のみ残しパイプは切り落としました。動力パイプは1mm真鍮線に0.8mmハンダ線を巻いて再現。昔のMSV的な表現も面白いかなと。

tr4_2.jpg
tr4_8.jpg
tr4_7.jpg
tr4_6.jpg
胴体
ザクヲをベース、左右のダクト部はハイザックの胸部を移植して再現してます。コクピット部はザクヲの物にエポパテを盛って製作。ザクヲの売りである「引き出し関節」は、シールド保持のために潰してあります。代わりに、怒り肩になるようにパテで関節部を自作。
下半身はザクヲをベースに不要なパイプモールドなどを削り落とし、パテで修正しています。リアアーマーはMGザクⅡのフロントアーマーを使用。動力パイプは頭部同様MSV的再現にしてあります。フライングベース用穴を利用してモジュールフロントアーマーを取り付けています。
バックパックはモジュールユニット用と通常のマラサイタイプの2つを作りましたが、コアユニットであるロゼットとして展示することが無いため、ジャンクにしました。このバックパックは、初期TR-4に製作し、今回の新規版にそのまま持ってきた数少ない部品の1つです。

モジュールアーマー
フロントアーマー一式は初期TR-4からそのまま持ってきています。基本は1mmプラ板の箱組みで、アーマー裏はシールド同様にそれらしくメカディティールを追加。追加工作として、フンドシアーマーとフロントアーマーを接続する基部をレジン棒から削り出して製作しました。
モジュールサイドアーマーは簡単な図面を引き、0.5mmプラ板を切り出して箱組みして基本形状を製作。このサイドアーマーでは、WAVEのZバーニアを多様しましたが、このようなディティールアップパーツのお陰で作業効率が上がり助かりますね。
サイドアーマー後方に保護版2枚*2(赤い部品)が設置されていますが、これを0.5mmプラ板で作りました。同じものを4つも作るのって大変・・・・
モジュール脚部プラ板やレジン棒、パテなどでスクラッチ。膝アーマーは初期TR-4製作時にMAXUM氏に作ってもらった物を原型に作り直してます。

tr4_9.jpg
tr4_10.jpg
腕部
右腕はザクヲにマラサイの肘当てを移植してます。当初は左腕にも移植する予定でしたが、シールド固定用ジョイントを設置したため破棄。シールドと左腕は2mm真鍮線で接続してます。
ショルダーアーマーはザクⅡF型をベースに、ダンディディティールを追加。
脚部
膝部は基本的にザクヲをベースにパテで整形。脚裏のバーニア部ディティールを開口しポリキャップを内臓してあるので、モジュール脚部の脱着式にしています。脱着できますが、つま先とモジュール固定用のツメが干渉して、外すと色ハゲの可能性があるので外しません。

ライフル、シールド
ライフルは、SDMk-2のものをベースに0.5mmプラ板、5mmプラパイプで製作しています。モジュールシールドは、0.5mmのプラ板で箱組みを作り、その上からパテを盛り削り出しを繰り返し、形を整えています。内部のメカニカルな部分も適当に作ってみました。

tr4_4.jpg
塗装(クレオス、G=ガイアカラー)
白 ホワイト
赤 Gブライトレッド
黄 橙色
紺 ブルーFS15044(サンダーバーズカラー)+ブルー系塗料
薄紺ミディアムブルー
灰 ダークシーグレー(BS381C/638)
クリア 缶入りつや消し トップコート→白かぶり→Gクリアー

今回は、塗装後のトップコート時に白かぶりが発生して焦りました。クリアーを重ね塗りしてリカバリーしました。
デカールは以前DOOVAさんに作って頂いた「AOZパーソナルマーク」を使用しています。DOOVAさん、デカール有難うございました。やっと使う事できました。
T R-3、TR-4共にMAXUM氏との冗談話から始まった物で、共に制作期間が約2年。この後、また冗談話がきっかけで、TR-5を作ることになったんです。

Newest

Comment

Leave a comment