aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TR-5 その2 Iフィールド発生装置一式

こんばんは、aspです。
ti0719さん>返事が遅くなってしまい、済みませんでした。詳細が分かり次第、またメールで連絡しますので、しばらくお待ちください。先日メールで質問されていた作品数に関しては、ti0719さんが持参できる数で結構ですよ。
私もti0719さんの作品を生で見れること楽しみにしております。



TR-5の記事は2回目になります。画像下段がTR-5用Iフィールド発生装置一式(IF一式と略)、上段がTR-3キハール用頭部とライフルです。
08312

先日書いていたIF一式は無事シリコン型が出来、複製し4つそろえることが出来ました。
IF内のモールドはBB戦士「GP03D」の物を使用して再現してあります。(凄く分かりにくいですが・・・・)そして現在の作業としては、ドラムフレームとIF一式を接続するためのフレームを製作中。これも、何かの部品とともにシリコンに埋める予定ですが、IF一式だけ(4個)で現在約40gの重さ。これにプラパイプで製作中の燃料タンクやら、色々付けたら50gは軽く超えるだろう。
これでは肩だけで保持するのは、確実に不可能と思われるので、背中に背負ってる増加装甲とドラムフレームを直接接続し、腕部は飾り程度の支持にするしかないかな。

上段のキハール用の部品ですが、左側はそれぞれのライフルです。重力化仕様ライフルは本体と同時に作っていたのですが、展示会に間に合わなかったので、再塗装せずに放置してあったもの。宇宙用はいつか作らなくてはと思っていたので、1/400キハールのバインダーを拝借してお手軽ライフルとして製作。
右側はキハール頭部の再々改修版です。展示会終了後に亀裂やポリパテの剥離の発生、頭部裏の凸凹処理など気になる部分があったため、改めて修正しました。3月中には、キハールの修復を終わらせ、TR-5の作業に集中し、5月の展示会には間に合わせたいですね。

タグ:TR-5

Newest

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。