aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

ドーベンウルフ その4

まだまだ暑い日が続いてますが、ココ最近、ようやく気温が落着いてきた感じが・・・
と思ったら、急に涼しくなるのは勘弁して欲しいですね
涼しいと思ったら、またいつも通りの30℃越えの日々
急激な温度変化で体調を崩さないように、気をつけて下さいね。

さて2週間弱ぶりのドーベンウルフです。
前回の記事以降、本当に久しぶりに触りました。
と言うか、別件で同じ物を3つ作ったり、4本足を作ったりしていて、触れませんでした・・・
150827_1.jpg
150827_3.jpg
待ちが探しのような写真が続きますが、一部分ですがダメサフを吹き、やすったところです。
膝やスネのディティールは一度落とし、0.5mmプラ板で作りなおしてあります。
膝の関節には、HGUCドーベンウルフのジャンクパーツを使い、空間を埋めました(分かりにくいですが)

150827_4.jpg
バックパックは、HGUCキットのままでも良かったのですが、どうしても分割ラインが気になってしまい、単純なパーツ分割に変更してあります。
単純にはしましたが、後ハメや表面のディティール類への影響はありません。
色々な考え方があると思いますが、段落ちディティールとしてのパーツ割り自体は、色々な場面でお世話になっているのですが、微妙な分割ディティールだった場合に、それにあわせてスジ彫りするのが、どうにも好きになれなくて・・・・
それであれば、潔く単純化するのもありだと思ってます。

150827_6.jpg
150827_5.jpg
頭部は、バルカン砲と動力パイプがまだ終っていませんが、形状出しは終わりです。
後部アンテナの取り付けは、真鍮線の選択肢もありましたが、抜き差ししてる内に穴が大きくなる恐れがあったので、磁石を使いました。
ヘルメットとフェイスの接続も、磁石を使用していますので、モノアイの取り付け・可動が簡単に出来ます。

150827_7.jpg
今までの足首では、バックパックをはじめ上半身の重量を支えきれなかったのですが、今回は5mmパイプと7mmパイプを使い、足首の強化を行いました。
軸だけではなく、アキレス腱?にあたる部分にジャンクパーツ(これもHGドーベン)を使い、2ヵ所で支える構造にしてあります。

とりあえずは、完成できそうな所で来ましたが、8月30日のミヤモテンには間に合うのでしょうか

同人誌デビュー!!

毎日、毎日、毎日・・・・本当に暑いですね
過去の記事を読み返しても、必ずと言っていいほど「暑いですね~」という書き出し方。
まぁ~僕らは天気に勝てませんけど、もう少し落着いた気温になって欲しいですね

そんな猛暑日が続いてる中、先日コミックマーケット88が開催されました。
参加された方、お疲れ様でした
そんな自分も、実は間接的にコミケに参加させて頂きました。
(コミケのコの字も知らない人ですけどね
150819_1.jpg
尾上さんの模型倶楽部「G30」のAOZ特集に、過去作品TR-1~TR-6、新規で作ったヘイズル改が掲載されています。
新規のヘイズルよりも、TRシリーズの修復が苦労しましたが、久しぶりにAOZ作品に触れる機会が出来て良かったです。

150819_2.jpg
目次ページだけでも嬉しいのに、表紙に使ってもらえて、特集まで組んでもらえたなんて、もう言葉に出来ないくらい嬉しかったです

ちょっとだけ尾上さんとの出会いを、振り返ってみようかなと思います。
最初は走狗さん、あかつく。さんが持っていた尾上さんの同人誌を見て、興味を持ちました。
だって、表紙がガンダムウォーズ風のオマージュですよ
SDだけの1冊ですよ
アレ見たら、心奪われますって

その後、2014年の冬コミが終了した頃、尾上さんのtwitterで作品募集の投稿があったので、軽い気持ちで連絡をしてみました。
当初は、新規で作っていたヘイズルのみの予定でしたが、やり取りをしてる中、実は尾上さんと静岡ホビーショーで出会っていた(らしいw)ことが分かり、そこからAOZネタで盛り上がり、今回のTRシリーズ掲載となったわけです。
また、今回の話がまとまった頃、「電撃ホビーマガジン休刊」の衝撃的なニュースも入ってきました。
SDで新作ヘイズルを作り始めていたこと、尾上さんとの出会い、電ホの休刊など、色々な事が1本の線で繋がったわけです。
偶然なのかもしれませんが、その偶然に関われたことは、本当に良かったです。

コミケでしか購入できない本で手軽に買うことは出来ませんが、手に取ってくれた方が、さらにSDに興味を持ってくれたら、作品を作った甲斐があったと思います。
購入して下さった皆様、ありがとうございます!!
そして、膨大な編集作業、作品撮影を行った、尾上さんと模型倶楽部の皆様、お疲れ様でした!!
また機会があれば、参加させて頂きたいと思っています

ドーベンウルフ その3

前回の記事から、約1ヵ月経ってしまって、申し訳ないです
毎日天気予報を見れば、30℃だとか35℃だとか、もう見るだけで暑いですね
暑い日が続いてますので、熱中症には十分気をつけて下さい。

さてさて、更新は出来なくてもプラモは作っていたのですが、あまり出せる物がなく、出せるものと言えば、このドーベンウルフ。
150815_1.jpg
150815_3.jpg
スタイルの変更は前回からはとくにありません。これで、スタイルは確定だと思います。
頭部については、額のブレードは真鍮線で接続、後頭部の2本は、磁石を使って固定しました。

150815_5.jpg
頭部以外には、肩アーマーの一部を磁石を使い、固定してあります。
実は、磁石を使った固定って、まとに取り入れたのはドーベンが初めてです。
ピタッと固定できて、取外しも容易、これは便利ですわ
って、皆さん既にご存知ですよね

150815_4.jpg
ドーベンが終って、10月のディフォルメ選手権が落着いたら、放置中のドライセンやバウに戻ろうかと思います。
とその前に、ミヤモテンの展示を考えなければ

Newest