aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡ホビーショーまで17日

・・・・ですよ
3週間あったと思ったのに、残り17日。
当日朝まで頑張れる人、翌日のみ展示の人は、+1~2日ありますけどね。
とりあえず、自分のサザビーは進んでおりません

当初、イメージしていた作品には、多分ならないし、完成しなかったら・・・・ごめんなさい
何とか別件の作業を早期に終らせて、サザビーの作業に戻りますので。


2015shs.png
スポンサーサイト

2015年度企画展「赤赤コンペ」進捗状況 その5

まず最初に・・・


静岡ホビーショーまで


あと23日ですよ

ま・・・間に合うのか・・・・
(4月の残りは別件で作業があるため、サザビーを進められません

サザビーの進捗状況は、こんな感じです。
150421_1.jpg
150421_4.jpg
前回のサザビーから、またスタイルが変わってます
どちらかと言えば、一番最初に戻した感じです。
それにしても、正面からの絵は、ちょっと酷い・・・
展示は、2枚目の角度から見てもらえるように、配置しようと思っています。
多分、シバイサザビーの頭部では、これが限界な気がしてならないです(自分の腕が未熟なため

150421_3.jpg
当時の逆シャアキットの最大の問題点は、腕のロール軸がないため、前後の曲げが出来ないこと。
致命的過ぎて、ここはジャンクパーツを流用しました。
肩~上腕は、ほぼそのままHGUCドーベンウルフ、肘関節はHGUCユニコーン、下腕は外側を旧キットのサザビー、内側はエバーグリーンのパイプを組合わせたもの。
上腕には、シリンダーモールドがないため細く感じますが、追加すれば良さそうな気がします。


SDでサザビーを作ろうと思ってる方へ
LGBBサザビーが、現時点で最高のプロポーションだと思いますので、スタイル変更はせずに、ディティールアップ等の作り込みをするのが、楽しく・格好良いサザビーを作れるベストな選択だと思います。

HGUCとのミキシングは、完成すれば見事なサザビーが出来るでしょう!!
ただ、切詰め難易度が高いため、完成までの道のりは茨の道・・・・

旧キットとのミキシングは、拘らなければ、HGUCの切詰めよりも幾分楽かも。
ただ、27年も前のキットのため、アールのようなエッジ、カトキデザインに見慣れてしまうと、物足りないと感じるかもしれません。
結果、色々と手を入れていくと、方向性を見失い、どうして良いか分からない状態に陥ります(←今ココ

いやぁ~キビシイィィィィ

HGUC RGM-89R ジェガンR型(Aタイプ) 2015年

第26回モデラーズクラブ合同作品展に展示予定のジェガンR型です。
今年の企画展は「赤い機体に乗った赤い人」のみでしたが、第2企画として「ジェガンコンペ」を急遽行うことになりました。
普段はHGUCをSDにするが専門ですが、たまにはHGUCとして作るのも面白いですね!!
rgm89r_05.jpg

静岡ホビーショー第2企画「ジェガンコンペ」その2

新年度が始まり、8日が経ちました。
と普通に思っていたのですが、静岡ホビーショーを基準に考えると、残り1ヶ月ほどなんですよね
いやぁ~マズイ、マズイ、、、、マズイ
残すノルマはサザビーとジェガン・・・どっちもコンペ用で落とせないんですが、なんとか無事に展示出来るように頑張ります

さて本日の記事は、ジェガンです。
プレバンでは、既に次回発送分の予約が始まってるジェガンR型。
発売告知のショックが大きすぎて、超スローペースで進めてましたが、脹脛以外は形状出し終了しました。
中々、面倒な部分を最後に残してしまったと、今更ながら後悔してます
150408_1.jpg

細かい部分を紹介したいと思います。
ザクⅢを作ったとき以来の解説かもw
150408_4.jpg
ジェガンR型の特徴である左腕。
無印ジェガンにスタークジェガンの腕部外装を取り付け、パテやプラ板を使い、形にしました。
握り拳は、サーベル持ち手を加工しています。
ビルダーズパーツは、ディティールがクドイので、キットを加工した物の方が自然に見えます。
またR型は、腰の両側がサーベルラックになっています。

150408_6.jpg
肩アーマーは、無印ジェガンの物を加工していたのですが、貼った・削ったをしてるうちに、無残な状態になってしまったので、1mmプラ板で作り直しました。
外側につくバーニア?メカ部は、アフターパーツの組み合わせ。
話がそれますが、HGUCジェガンは、腰と首を1mm(~1.5mm)延長するだけで、スタイルが改善されます。

150408_5.jpg
バックパックは、無印ジェガンに似ていますが、ほとんど別物と言っても良いです。
J型やM型、D型とも違いますが、唯一近いのはA2型・・・・発売されてないですね
バックパックのセンター部は、無印とは違うので、プラ板で基部を作り直し、マルイチモールドで作り直してます。
またバーニアも3基から5基に増設されているため、開口部も広げなければなりません。
上部2本のバーニア?は、懐かしきBクラブの改造パーツを使用。(ペリカンさんのジャンクを頂きました)
ライフルも改造パーツを使用しますが、気になる部分を作り直そうと思います。

残す部分は脹脛のみですが、果たして間に合うのでしょうか・・・・
間に合わなかったら、ゴメンナサイ。

Newest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。