aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

asp的製作論

前回の「asp的ディフォルメ論」は如何でしたか
あらためて読み返してみると、ディフォルメ論と言いつつ、内容が何にも無いものでしたね
作り始めた頃から、現在の形状が出来るまでの回顧録的なものと言ったほうが良かったですね
前回に懲りずに、今回は「asp的ディフォルメ製作論」について書いてみようかと思います。
たいそうな書き方してますけど、多分、また内容のうす~い記事になってしまうかもしれませんので、ご了承下さい。
まぁ~、自分のメモだと思っていただけると幸いです

asp的ディフォルメ論

1週間ぶりのブログ更新になります。
いやぁ~リアルでは、中々辛い現実ばかり見せられ、凹んでおります
「涙なしでは語れぬ日々も、あなたの名前を呟けば、救われる気がする」by中島みゆき(ただ・愛のためだけ)
誰かの名前を呟いて、救われたいものですよ

さてさて、今回は模型の話でも「考え方」について、書いてみようかと思います。
題して「asp的ディフォルメ論」とでもしましょうかね

息抜きの要因は・・・・

前回の記事で「バンシィ・ノルン」は息抜きと書きました。
その息抜きが必要になった作品が、コレです。
130616_1.jpg
130616_2.jpg
そうUC4巻で大活躍したゾゴックです。
いつか作りたいと思って、以前再販が掛かったときに買っておいたキットをベースに、ジャンクのHGズゴックと旧キットズゴック、HGザクを使って作ってます。
この形にするまでが、長かった
また腕と脚のジャバラはほぼ無可動となり、これなら固定化してポーズつけた方が良かったかも
大きさは、以前作ったジュアッグとほぼ同じで、サイズはクリアかな。
残りは細かい所を作っていけば、それなり見えるようになると思います。

まぁ~こんな感じでボチボチ進めてますよ

息抜き・・・・

2週間ぶりですか・・・・
その間にホビーショーのレポートを書こうと思っていたのですが、気力・体力・精神力をリアル世界で奪われ、ダラダラと来てしまったわけです。
で、模型は何もしていなかったのかと聞かれれば、答えはイエスであり、ノーであるという中途半端さ。

来年の企画である78ガンダムも、ある程度の方向性が見えてきたので、前回の記事の状態で一時中断。
今年の企画であった「ガンダムUC」を1人で続けようと思い、微妙な機体を作っていたのですが、これまた中途半端な感じで作業が停滞中。
停滞ばかりな製作環境から抜け出そうと思い、息抜きにHGノルンを仮組み。
それをBB戦士バンシィと組み合わせたのが、こちら。
130615.jpg
ホビーショーで展示した時は、ユニコーン→バンシィへ改造しましたが、今回はそのままなので、作業は気楽に出来ました。
自分で言うのも何なのですが、自作バンシィの頭部はキットと比べても悪くない感じ。

と、色々な物を作っては放置、放置しては再開したりと、ダラダラとやってるaspでした
さ~て、次の更新の時には、また何か新しいものに手を出しているかも

プロトタイプ・ガンダム その1

来年の企画展「RX-78ガンダム」に向けて、製作を開始しました。
レギュレーションに従い、HGUCガンダムとSDキット(329番ガンダム)を購入。

それをミキシングした状態がこちら。
130601_1.jpg
130601_2.jpg
肩アーマーと足首が異なるのは、方向性の確認のため。
右側はUGUCガンダム肩アーマーとHGUCガンダム30th、左側は200番SDガンダムの肩アーマーとHGUCガンダム。
好みとしては、左側のスタイル。

下半身のアーマー類は1mmプラ板で幅増し、フロント・リア中央・サイドは1mmで囲っているため計2mmの幅増しとなります。
また腰部(赤)で1mm、コクピットでも1mmの幅増しを行いました。
脚部については大体半分のところで分断して、高さ調整を行い、膝アーマーを追加。

130601_3.jpg
130601_4.jpg
頭部はヘルメットに329番ガンダム、マスクはジャンクとなっていたユニコーンDモードを利用。
おそらくOガンダムを使われる参加者が多いと思いますが、ユニコーンマスクもそれほど悪くないですよ。

現状はこんな感じで、組みあがってます。
方向性や全高も悪くないので、このままプロト使用に改造していきます。
まぁ~形になるのは早くても、完成するまでが長いので、気長にお待ち下さい。

ガンダムを進めつつ、GP02も本腰入れて製作、また依頼品のMR-Sも・・・・
ホビーショー終ったのに、まだまだ修羅場モードのaspです

第24回モデラーズクラブ合同作品展 その2 80年代作品(後編)

80年代作品後編スタート

東海フレンズ様
tf01.jpg
tf04.jpg
tf03.jpg
tf02.jpg
今年はバイファム、ボトムズ、ダンバインが30周年を迎えます。
鳥山とりをさんのバイファムを見てから、作りたい作品の1つに必ず上がってきてます。
ただ、バイファムの課題がふともも付根と腰の表現なんですよね・・・
そういった意味では、会場で展示されていた和茶さんのバイファムはとても参考になりました。

Newest