aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガザC+ドワッジ 完成

こんばんは、aspです。
仕事が忙しくて、コメントの返事が遅くなって、本当に申し訳ないです
部長さん、ハウエルさん、コメントありがとうございます。

帰宅後の1時間~2時間を利用して、やっと完成させました。
ただ、思っていた半ツヤとは違うため、今後改めてクリア吹きをしようかと思っています。
121223_1.jpg

121223_2.jpg
121223_3.jpg
通常カラーの袖付き使用という、中途半端な設定を採用
劇中ではグリーン系の落ち着いたカラーリングでしたが、どーしてもこのカラーリングで塗装したかったんです。
なぜならば・・・・地味でマイナーユニットだらけになってしまうから
まぁ~ガザCがメジャーかと聞かれると、微妙なところですけどね

121223_4.jpg
ツヤ具合に違和感があり過ぎ・・・・
ドワッジみたいな地上ユニットは、ツヤなし仕上げの方がシックリくるかな。
ガザC同様にクリア吹きをやり直そう
前回の記事でザクマシンガンをどうするか悩んでいましたが、結局ジャンクパーツを使って作りました。
レシピとしては、HGUCザクⅡとF2ザク(グフ)を2個1しました。
おっと、モノアイを塗装してなかった

今年の塗装作業は、これで終わりとなります。
工作については、チマチマとやっていこうと思ってますけど、結構ハードだな
スポンサーサイト

ガザC その3

今年も残すところ、2週間ちょっと。
時間の経過が早く感じるようになって来ました。
そろそろ、1年の振返りをしようかなと。

さて、ドワッジの次はガザCです。
121215_1.jpg
121215_2.jpg
袖付き仕様にするため、ギラズールの袖を加工し、レジンで両腕分を製作。
頭部も強度確保のために、レジンに置き換えました。
それ以外は、以前までの記事と変わってません。
カラーリングについては、パラオで登場した際、緑色で塗装されていましたが、地味な機体が多すぎるためここは、通常カラーで仕上げたいと思います。
ガザCその1 その2(カテゴリーがバラバラで申し訳ない

今年の塗装作業は、ガザCで終わりになりそうです。
もしかすると、ゼーズールまで塗装出来るかもしれませんが、焦ると失敗するので、出来る範囲で進めていきます。

ドワッジ その2

ご無沙汰しております、aspです。
今年も残すところ1ヶ月となりましたね。
う~ん・・・・今年中にギラズール2体とガザCを終らせる予定だったのに
予定は予定ですから、出来ることから終らせようと思い、手始めにドワッジから片付けます。

今年のモデラーズクラブ合同作品展で、コソッと持参していた作品です。
完成してませんでしたから、展示はしませんでしたが、来年の企画展用として完成を目指します

これが塗装前のドワッジです。
ちなみに前回までのドワッジはこちら
頭部のバルカン砲が無ければ、やっぱりドムにしか見えない
121201_1.jpg
121201_3.jpg
121201_2.jpg
前回から改善点として、胸と腰の接続方法を変更し、腰高なスタイルに変更しました。
これにより、ガザCやギラズールのスタイルに近づいたと思います。
また拳は、コトブキヤの丸指ハンドを使い、プラ材でディティール表現しました。

121201_4.jpg
そして塗装した状態がこちら。
ちょっと緑色が設定画のイメージから離れてしまいましたが、これはこれで良いかも。
これからザクマシンガンを作りますが、ザクⅡのマシンガンが1つもない
ここは、設定画やアニメーションとは異なりますけど、FⅡのモノを使おうかと思います。

Newest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。