aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

ギラズール その7

更新が10日以上も空いてしまって、申し訳ないです
仕事で色々とストレスを感じて・・・・
無闇に色々なキットを買っては、素組しての繰り返し。
それでストレス解消かと言えば、答えは違う訳でして

それでも素組してる傍らで、せっせとズールさんを製作中。
121020_2.jpg
ランゲ・ブルーノ砲とバックパックを接続するケーブルを作り直してみました。
キットの状態では後ハメ加工が面倒そうなのと、貧弱すぎなため。
キットよりも気持ち長めに作りましたので、取り回しが良くなりました。

121020_1.jpg
ショルダーアーマーのエングレービングも作り直し。
伸ばしランナーやエポパテ、真鍮線とか色々挑戦してみましたが、最終的にはハンダで製作。
他の素材と比較して、ハンダは曲面に対する柔軟性と加工性が抜群
線径が0.8mmとスケールを考えると太いですが、逆にエングレがはっきり浮き出てよかったのかもしれません。
自分は恐ろしくて出来ませんでしたが、接続部分をコテ先で少し溶かしてやれば、繋ぎ目もなくなり、綺麗なエングレービングが作れそう。

さて、この調子でギラズールシリーズを作り続けてしまうかしら・・・・
ゼーズールとか、UC5巻に登場したガトリングシールド付きとか。

ギラズール その6

先日展示に行って来た「ギラ・ズール」がどうなったか、昨日見に行ってきました。
結果としては、何事も無く・・・・うん、何事も無かった

一般投票が無い今回のコンテストでは、従業員とガンプラマイスターと呼ばれる方で審査をするとのこと。
と言うことは、この人たちの趣味が大いに反映された作品を作れば良いことになるのか
受賞作品を見るとどれも素晴らしい作品、受賞されなかった作品も素晴らしい物ばかりでした。
それらは全てHGやMGといった八頭身ボディー。
やっぱり本気で受賞を狙うのであれば、「八頭身なんだなぁ~」と改めて思いました。
まぁ、自分にはそこまでのスキルがないのですがね

さてさて本日までのプラのお話。
121008.jpg
ノーマル機は終了しましたが、製作途中機をアンジェロ機として製作を続けています。
キットからの変更点として、肩アーマーのスパイクをMSスパイクに変更。
そのため、肩アーマーのエングレービングを作り直すことになりそますが、ゴツゴツ感がアップしてかっこ良くなったと思います。

この調子で、ゼーズールまで・・・・やれねぇ~な

Newest