aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

リゲルグ その4 + シュツルムディアス その2~3 + ジュアッグ その2~3

更新が出来ずに10日以上過ぎてしまった・・・・
前回の記事で書いた「右目の怪我」ですが、無事視力も戻り、見えずらいなどのことも無くなり良かったです。
ただし、今度は左目の痙攣が頻繁に出るようになってきました。
まぁ、疲れやストレスなどが原因とのことで、対象方法としては、「考えないこと」だそうです
今の職場で、それは無理かも

さてさて模型のお話。
1つ目はリゲルグ。
バックパックの燃料タンクを新規で作り直し、ちょっとだけ長めにしてみました。
それ以外はあまり、触ってません。
120131_5.jpg
120131_6.jpg
120131_7.jpg
バインダー内部はキットのままではスカスカなので、説明書に掲載されていた宇宙機雷っぽいディティール追加し、バーニア受けを設置し、スカスカ感を軽減させてみました。
リゲルグの基本工作はこれで終了となります。

2つ目はシュツルムディアス。
以前の記事・・・・とあまり変わりませんけど、頭部ファランクスカバーの変更。
あとは、バックパックとバインダーの接続部が貧弱であり密度を高めたかったため、接続部を新しく作り直したくらいです。
120131_1.jpg
120131_2.jpg

3つ目はジュアッグ。
HGUCのテストショットが公開されましたね
脚部や腕部の蛇腹が再現されていて、UC4を見た後では、その方がしっくりきます。
ジュアッグも以前の記事から変化があまりにも無さ過ぎて、サフ吹いただけ
ジュアッグもバックパックの動力パイプを作って基本工作終了となります。
120131_3.jpg
120131_4.jpg

今後の予定としては、3月までは塗装をせずに、塗装前のサフまで終了させようと思っています。
その製作計画でいけば、ジュアッグとリゲルグは既に終了し、ディアスについても2月中ごろには終了することになります。
また昨年の夏ごろから停滞しているAテンプルについても、本腰入れて仕上げに入れると思います。
そんな感じで、5月の展示会では新作4作品はなんとか確保できそうです。

ジュアッグ その1

前回の記事は、2週間以上前ですか
も、申し訳ないです

その間、何をしていたかと言いますと、仕事中に右目を怪我しまして・・・・・視力が半分くらいまで低下。
表面上は小さな傷だけらしいのですが、網膜の損傷については今後検査するとのことでした。
この年齢で、ルーペ使いながら模型を作ることを想像できなかった
まぁ、全く見えないわけでは無いので、良かったと思うしかないですかね。

で、怪我をする前に触っていたものは、相変わらずジュアッグ。
20120119_3.jpg
20120119_1.jpg
20120119_2.jpg
古いキットではあるけど、中々良いキットだったと思います。
バックパックの下辺りがスカスカなので、何か追加して密度を高めたいかなと。

20120119_4.jpg
今回初のネオジウム磁石を使用。
スペースがあるようで無いのが、このジュアッグ頭部。
モノアイの可動をさせるか、モノアイ固定で初電飾に挑戦するか悩みます。
可能であれば、両立させたいところですけどね。

20120119_5.jpg
腕部は、ジュアッグの定番?加工を施し、ポリキャップ化。

現状はこんな感じです。
次回は・・・・いつになるかな

謹賀新年ver.2012

明けまして、おめでとうございます!!
年末の忙しさが過ぎた・・・・年始の忙しさが残っているaspです
年末のコメント返信が出来なくて、申し訳ないです
更には、年末年始のご挨拶も出来なくて、本当にごめんなさい
更に更に、正月早々に寄り道して・・・・・
そもそも今日も仕事でしたが、3時間仕事して急に休みになってしまったから・・・・・ついつい・・・・ね

20120102_1.jpg
20120102_2.jpg
20120102_3.jpg

寄り道のジュアッグです。
後ろのカプールはとりあえず組んでみた参考品。
年明け1発目としては悪くないかな。
それにしても、ジュアッグってかっこ悪いな
ただかっこ悪いのではなく、「味のある、かっこ悪さ」。
そんなところが、好きなんです

一般受けする作品を作りたいと思うのだけど、それらは他の方にマル投げ。
今年も一癖も二癖もある作品を作っていこうと思っております
本年も「倶楽部ディフォルメ屋」にお付合い、よろしくお願いします。

Newest