aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

ハンマ・ハンマ その6

こんばんは、aspです。
いつの間にか、涼しい季節になりましたね。
朝方は、涼しいを超えて・・・・寒い

さてさて今週のハンマハンマ。
まだ作っていない部分もありますが、大体の完成図が見えてきたのではないでしょうか
110926_1.jpg
110926_2.jpg
久しぶりの後姿。
なんにも付けていないので、ノッペリしています。
今後、ダクトやケーブルが取り付けられ、それなりに見れるようになるのではないかな。
今一番の問題は、腕のケーブルの取り付け方法である。
肩側はパイプなどを取り付ければ、それらしく見えるのだが、肘側が穴をあけれないし、パイプを付けるには斜めになる等で・・・・
110926_3.jpg
頭部アンテナは、当初ザクっぽい物にする予定でしたが、似合わなかったため、結局3mmと2mmの丸棒を簡易旋盤で自作しました。

なんとか9月から10月2週目までには、工作が終りそうです。
製作限界を11月1日としましたので、残り1ヶ月。
その間に、Aテンプルの仕上げも残ってるので、もう少しピッチを上げなければ

前回の記事でクシャトリヤの胴体について書きましたが、もう少し詳しくしてみました。
隙間をエポパテで埋めると、前回の記事にあるようなクシャの胴体になります。
110926_5.jpg

クシャトリヤ 検証中

こんばんは、aspです。
ハンマ・ハンマは現在2回目のサフチェック中です。
その間に先日組んだクシャトリヤを弄ってみました。

110918_1.jpg
110918_2.jpg
110918_3.jpg

ようやく正面から見えるようになったかな
最小限の改造で見れるように、胴体に絞ってみました。
胴体は接着面で4mmの幅増し、頭部が埋まるように、首の付け根を切り飛ばして一段下げてみました。
肩の接続部は3mmほど切り飛ばし、頭部と肩アーマーの距離を縮めました。
頭部もクシャトリヤから離れない程度に削り込んでみました。

このクシャトリヤって、飛行機模型で言えば、レアな機種で、兵装が大量に付属して、デカールも豊富で、繊細なスジ彫り・・・・
でもスタイルが実機と異なっていて、修正するには相当苦労するキットのような感じだろう。

結局かっこよいクシャトリヤが欲しいのであれば、HGを作ったほうが手っ取り早い

ハンマ・ハンマ その5

今日も暑かった・・・・
そんな中、買いましたドラグナーとエルガイム
ドラグナーってやっぱりかっこ良いよ
それ以上に、カルバリーテンプルがかっこ良かった
110914_5.jpg

さてさて本日までのハンマ・ハンマ。
110914_1.jpg
110914_2.jpg
両腕がそろいました。
随分とハンマ・ハンマらしくなってきたのではないでしょうか
特に1枚目の画像なんかは、良い感じに見えます。
ここまでの工作で、全体の50%くらいが終了したのかな。

110914_4.jpg
二の腕がちょっと細く見えますが、3mm径のビニールチューブを取り付けるので、とりあえず様子見の状態です。
爪はコトブキヤのABSジョイントを関節部に使用したので、可動できます。
可動化に伴い、爪の取り付け角度も修正。
このHジョイント小をストックから探すのに、とても苦労しました
やはり定位置管理が重要ですね

10月の頭くらいには塗装に入れるようにしたいな・・・・
でないと、Aテンプルをモデサミに持っていけないかもしれないからね

ハンマ・ハンマ その4 + BB戦士クシャトリヤ(レビュー)

忙しいのは昨日まで、本日は公休日
仕事では腹立たしいことが色々とありますけど、休みの日くらいは仕事を忘れて、のんびりと過ごしたいものです

本日の作業は、ちょっと涼しい午前中にWハンマに一度サフを吹いてみました。
当然ながら傷だらけ・・・・
でも、サフ状態を見ると、ちょっとだけ満足してしまう
やはり、ジャムル・フィンを早々に諦めてよかったかな。
110908_7.jpg
腕はま出来てません。



ハンマ・ハンマ その3

晴れた日が懐かしいですね
台風が来る1~2日前に「何か変な雲だな」と思っていたら、翌日以降から今日に至るまで、ずっと雨。
前兆だったのでしょうか

110904_4.jpg

さてさて9月に入り、本腰入れてハンマハンマを進めています。
と言っても、毎回同じような写真で申し訳ないです

110904_1.jpg
110904_2.jpg

前回までは肩アーマーと頭部が干渉していたため、頭部が収まりきらなかったのですが、両肩とも1mm延長し解決。
腰アーマー関係も、仮止めからジョイントを入れて可動と位置決めが終了。

腰アーマーはノズルの処理を考えて、くり貫こうと思っていましたが、6枚全てをやる・・・・・
1枚だけ処理しましたが、断念しました
結局ノズルの上から、コトブキヤかWAVEのアフターパーツを貼り付けることに。

110904_3.jpg
下半身はこんな感じです。
腰アーマーだけ見ると、これ単体でカニ型ロボット的で面白い

それにしてもハンマのキット、ヒケが多すぎます
特徴的な肩アーマー、腰アーマーは中が空洞のため、特に酷い。
お陰で、ペーパー掛けが嫌いになりましたよ

Newest