aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

HMオージェ その2

こんにちは、aspです。
えーっと完全なる夏風邪でございます
こうなってしまった経緯は、前回の記事にありますので、気になる(?)方は読んで下さい。

久しぶりの模型記事です。
まともな模型記事を書いたのが、約1ヶ月ぶりのようです
夏の暑さにやられ、仕事の忙しさに参ってしまい、一部の上司や同僚に嫌気をさした1ヶ月でしたからね
ちょっと模型を作るって気分じゃなかったかも。

愚痴はさておき、辛味teaさんのプロビィデンス、ti0719さんがオラザク参戦など周りの模型ネタがホットになってきたので、久しぶりにオージェを触ってみました。
  100830_1.jpg

オージェの前回の記事と殆ど変化が見られないかも・・・・
とりあえず腕を揃えて、サイドアーマーつけて、マスク部のスジ彫ってみたのが、写真の状態です。
バランスは、こんな感じで良いのではないかな

残す部分は、頭部の修正とバインダー内部の作りこみをすること。
とりあえず、気長に作ってきますよ~

8月も・・・・

そろそろ終わりですね。

そんな時に、上司から風邪をうつされたようです

この微妙な表現は、100%と言えないからですが、少なくとも自分以外にあと2人感染してる

こりゃーバイオハザード地区として隔離管理しなければ

「かゆぃ うま」・・・・ってなってしまうよ


模型のお話ですけど。

何も触っていません
夏の暑さと、仕事の忙しさと、やる気の無さと・・・

更にアルプスのMDプリンターが大破して、修理に出していたため、スコタコのデカールが作れず、投げ出してますよ。
デカール貼るだけなんだけどな

こんな感じで、夏が過ぎていきそうです

完成品 イシュタルMk-2 2010年

第21回モデラーズクラブ合同展示会の新作として出展した、イシュタルMk-2です。
シンデンアーマーを作ったのなら、やはりライバル機も並べたいと思い製作しました。DSC_0950.jpg


参考書

こんばんは、aspです。
大分前になりますが、3冊の本を買いました。
「バリアブルファイター・マスターファイル(MF)」シリーズのVF-1とVF-19、スコープドック21C・マスターブック(MB)です。
100807.jpg

スコタコMBは、スコタコを専門で作る人にとっては、とても良い本だと思います。
内部構造を部位ごと解説したり、塗装見本、1/1マーキングなどが掲載されています。
今回購入した最大の理由が、1/1マーキングを元にver3.0用デカール製作の参考にしたいからでした。
RSCの塗装がとりあえず終わり、マーキングをどうするかで迷ってはいますが、今回はスルーして、次回作からマーキングしようかな・・・

VF・MFは某サイトで告知ページを見て以来ずっと欲しかった本です。
VF-19版が発売されたら、VF-1と同時に購入したのですが、中々の情報量で読み物としても十分かと。
戦闘機の資料本のように、コーションマーキングや、サブタイプごとの説明や生産ブロックの違いを解説していたりと、アニメーション用設定資料とは微妙に異なる価値があります。

マクロス系キットを作る人には、アニメーションよりも実際に運用されている状態でリアルに作りたい人がいると思いますが、そう言った方には向いている本だと思います。

マスターファイル見てると、ハセガワのキットを作りたくなってきたよ
でも在庫が・・・・それに作りたい機体はデカール化されてないしな

SVF-440デュラハンズカッコいいぞぉぉぉ

長々と購入した本のことを書きましたが、思い返してみると昨年の同じ日には同じ出版社のロールアウトZとZZを紹介してました。
今年の自分への誕生日プレゼントと言うことで

Newest