aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップデート部品

とりあえず今日から1週間は塗装出来そうにないため、スコタコのアップデート案を考えてみようかなと。
この所AOZネタがメインでやっていましたが、そろそろスコタコのアップデートパーツを新規で作りたいですね。
降着姿勢用の脚部とか、STTC用パーツとか、バーグラリードッグ用パーツとか、武器セットとか作りたいですね。
ほかにもスタイガーとかドッグキャリアーとか、フラットキャリアーとかサポート物も面白そう。
ただ、ずーっとギルガメス・メルキアATばかりだけではなく、バララント側ATやサポートメカも作ってみたいですね・・・けど、丸みのある形状って苦手なんですね。


そろそろガサラキの再販キット発売されたかな?
シンデンのディフォルメを作った身としては、イシュタルの現用戦車のような頭部はディフォルメ栄えしそうですしね。
スポンサーサイト

TR-5 その8 塗装中90%くらい

こんにちは。
TR-5の塗装はほとんど終わりました。残す所は、入り組んだところの部分塗装のみ。
先日の白塗装のトラブルは、400mlの小分けにしてあった溶剤が劣化?したことが原因みたいです。
1リットルの容器に入っていた溶剤で濃度調整したところ、問題なく塗装できました。溶剤も劣化するんですかね?
また夜にもで追記したいと思います。その時は、ファイバーの画像を貼れるようには成ってるかと思います。


-追記-
080330.jpg

追記です。
現在塗装済みで組めるところまで組んでみました。如何でしょうか?ファイバーっぽいと思うのですが、鶏冠部が少し前に出すぎたかもしれません。
参考にダンディライアンを横に並べてみましたが、う~ん・・・ダンディってこんなに大型に作っていたのかと、改めて思いましたね。やはりディフォルメだからと言って、ハッタリが効きすぎるのは如何なものか。
でも、このハッタリ具合が好きなんですよね。

TR-5 その7 塗装中

おはようございます。現在TR-5は塗装作業に入っています。
いつも塗装を行なうときは、基本的に混色を避ける傾向がある私ですが(コダワリないなぁ・・・)、ファイバーブルーの2色に関しては、大瓶にて色を調色してみました。

インディーブルーとレッド、サンダーバーズブルー(米空軍のアクロチームのサンダーバーズね)、ガイアカラーのインテリアカラー223番で割合は覚えていません。
ここでなぜ、ガイアの223番を使用したのか?
以前から愛用していたフィニッシャーズのFホワイトの在庫切れのため、クレオスのGXカラークールホワイトに切り替えて塗装をしてました。GXカラーの使い始めは、中々使いやすい白だと関心していたのですが、残りわずかになってきた頃から、溶剤濃度を調整しても粒子の大きい霧状になるトラブル?が発生。

オフィシャルではレベリングうすめ液を推奨とのことだったのですが、我が家にある溶剤はガイアーの1リットル。それも間違えて買ってしまったリターダー入り。ガイアのリターダー入りって通常よりも匂いがキツイので苦手なんですよね。
このガイアの溶剤にトラブルがあったのか、良く撹拌してGXカラーを使っているつもりでしたが撹拌不良か、ハンドピースにトラブルがあったか、または塗装技術がまだまだ未熟であるか(これが一番大きい問題かも・・・)等、そんな理由で混色には223番を使いました。
そもそもこの223番は気分転換用として購入した1/48・35AFVに使うために買ったのですが、結局このような使い道になってしまった。
と言っても、ファイバーのホワイトを223番で塗装するわけにはいかないので、新しい白を買ってきての塗装になりますかね。

ファイバーってスプリッター迷彩なんですよね~スプリッター迷彩ってやったこと無いので、迷彩バランスを考えながらマスキングしてかないとね。スプリッター迷彩というと、センチネのイメージがとても強いので、センチネ本見ながらイメージを膨らませたいと思っています。

タグ:ファイバー

TR-5 その6

こんばんは。今回も写真なしで、すみません。
TR-5ファイバーですが、現在塗装前サフ吹きまで終わりました。
サフ傷チェック済みですが、バインダーの表面処理がとても不安です・・・多分見えにくい所が凸凹だと思います。完成後に見えないこと祈りつつ、明日から一部塗装に入ろうと思っています。
このファイバーが出来たら、ダンディライアン製作時と同じように調子ダウンするだろうな。


嗚呼、97さんのアストラナガンかっこいいなぁ~
ちゃんとディフォルメしてるし、バランス良いし、凄く動くし、欲しいなぁ~~
以前97さんが製作されたタイプVLのようにネタもの挑戦してみたいな。

久しぶりの更新

こんにちは。久しぶりのHP更新です。
今回の更新では、正月に完成させたスコタコフォックスSP、1~2月にかけて製作したジオン残党軍ドムの2作品をギャラリーに追加しました。
そして下の画像、シュトゥッツァーシリーズ初期3部作完成記念に1枚撮ってみました。こうやって見ると、ザク以外の2体のボリュームが半端じゃないです。
080321.jpg

TR-5 その5 バインダー付けました

こんにちは。本日のファイバーさんにはバインダーが付きました。
080317_1.jpg

と言っても仮組みなのでバランス悪いですが、横にあるヘイズルと比較して貰えばファイバーさんの大きさが分かると思います。当初の予定よりも全高を低くし、よりBB戦士らしくしてみましたが、如何でしょうか?
080317_2.jpg

斜めから見ると、ファイバーさんらしいフォルムに見えると思います。あとは全体のバランス調整とディティールの追加、展示ベースの製作ですね。

TR-5 その4

本日のファイバーさんは画像なしです。すみません・・・・
本日の作業は、IFとドラムフレームを接続するジョイントを軽量パテから削りだしを行い、それらのすり合わせが主なものでした。他の作業としてはポリパテを使用して、大きな傷や隙間を埋めたり、真鍮線で軸打ちしたり等。
そのポリパテ乾燥時間を使って、TR-3キハールの頭部にディティールを追加してました。改めてムック本の設定画を見ると、修正前の物はアンテナが前過ぎたことに気付き、アンテナの位置を少し後ろに下げました。その後、塗装まで終わらせようと考えていましたが、大雨の警報が出たり、雷ゴロゴロなってるし、ファイバーさんの部品製作で出たゴミが気になったりと、結局掃除することに。
来週までにはキハール頭部の塗装を終わらせたいですね。


今更ですが、コードギアスを通しで見ましたが、中々面白い作品ですね。あれを見てから、ナイトメアフレームのディフォルメ作ってみたいなと思うようになりました。無頼とかやってみたいなぁ~

TR-5 その3 腕部とドラムフレーム

今回の記事は、TR-5の腕部周りについてです。画像は、腕部にドラムフレームを取り付け、IF一式を接続したものです。接続ジョイントは、軽量エポパテで削りだしを行なう予定。
080313.jpg

腕部のベースとして、三国伝キットをベースにギャプランっぽく見えるようにしてあります。肩アーマーはギャプランの物を使う予定でしたが、増加装甲を背負わせると干渉してしまったり、IF一式で肩部が隠れて見えなくなってしまったり等の理由から、肩についても三国伝ベースです(そのまま・・・・ですけどね)
IFに付いているプロペラントタンクが設定画と比べて少し短いかもしれませんが、ディフォルメにしたときに印象であったり、持運びのことも考えるとこの程度でも大丈夫なのかな?とりあえず、軽量パテが固まり本体と腕部を付けて見ないことには何とも言えないですね。


---- 追記 22:00 ----
パテ硬化が待てず、とりあえず本体に付けてみたところ、結構デカイし重い・・・・少しイメージと違う気もしたけど、そらく増加装甲の一部が付いていないからだと思われる。

TR-5 その2 Iフィールド発生装置一式

こんばんは、aspです。
ti0719さん>返事が遅くなってしまい、済みませんでした。詳細が分かり次第、またメールで連絡しますので、しばらくお待ちください。先日メールで質問されていた作品数に関しては、ti0719さんが持参できる数で結構ですよ。
私もti0719さんの作品を生で見れること楽しみにしております。



TR-5の記事は2回目になります。画像下段がTR-5用Iフィールド発生装置一式(IF一式と略)、上段がTR-3キハール用頭部とライフルです。
08312

先日書いていたIF一式は無事シリコン型が出来、複製し4つそろえることが出来ました。
IF内のモールドはBB戦士「GP03D」の物を使用して再現してあります。(凄く分かりにくいですが・・・・)そして現在の作業としては、ドラムフレームとIF一式を接続するためのフレームを製作中。これも、何かの部品とともにシリコンに埋める予定ですが、IF一式だけ(4個)で現在約40gの重さ。これにプラパイプで製作中の燃料タンクやら、色々付けたら50gは軽く超えるだろう。
これでは肩だけで保持するのは、確実に不可能と思われるので、背中に背負ってる増加装甲とドラムフレームを直接接続し、腕部は飾り程度の支持にするしかないかな。

上段のキハール用の部品ですが、左側はそれぞれのライフルです。重力化仕様ライフルは本体と同時に作っていたのですが、展示会に間に合わなかったので、再塗装せずに放置してあったもの。宇宙用はいつか作らなくてはと思っていたので、1/400キハールのバインダーを拝借してお手軽ライフルとして製作。
右側はキハール頭部の再々改修版です。展示会終了後に亀裂やポリパテの剥離の発生、頭部裏の凸凹処理など気になる部分があったため、改めて修正しました。3月中には、キハールの修復を終わらせ、TR-5の作業に集中し、5月の展示会には間に合わせたいですね。

タグ:TR-5

イベント用作品 TR-5 その1

こんばんは。1週間ぶりの更新です。
今回の展示会に間に合うか分かりませんが、現在製作中のイベント用作品は写真のような状況です。
写真のもの以外にも増加装甲やドラムフレームなども作ってあります。また、ファイバーの特徴でもあるIフィールド発生装置一式も同じ物を4つ作るということで、現在はシリコンに埋まっています。
ただ、ドラムフレームとIフィールド発生装置一式を主に腕部のみで支持することになるので、肩部への重量集中の軽減が最重要課題かと思います。
まぁ、シリコン型が明日には出来上がるので、数そろえてみないと何とも言えないですがね。
080310.jpg

第19回モデラーズクラブ合同展示会参加確定

こんばんは、aspです。
5月に開催する第19回モデラーズクラブ合同展示会に参加することが確定しました。
2回目の参加となりますが、今からドキドキワクワクですわぁ。興味ある方、是非当ブースにお立ちより下さい。今回もAOZネタやボトムズネタなどどっさり(?持っていくつもりですので。

そして、気が付けば「My hiding place」から「倶楽部ディフォルメ屋」に改名して1年が経過しました。
早いものですね~1年前の今ごろはキハール2体を完成させるために、ヒーヒー言いながら作っていました。その状況は今も変わってませんが・・・・

Newest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。