aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

アドバンスドヘイズル その3

リアルで忙しくて中々更新出来ずにいるaspです。
1月24日にAOZ6巻が発売とのことで、早速買ってきました。表紙のTR-6は・・・・なんともコメントし難いです。邪道と言えば邪道、面白いと言えば面白い、なんとも複雑な気分。
5巻に登場したゾラ用リックディアスは、相変らずかっこいい。シュトゥッツァーシリーズをザク、ゲルググと作ってきた私としては、一緒に並べてみたいな~と思う訳ですが、作れないよなぁ。

さてさて、AOZ6巻のメインであるTR-6、私が作っているTR-6は現在脚部を短くし、より子供っぽい等身に改修中。が、その時に股関節の接続軸をねじ切ってしまい、やる気半減し放置中。
その代わりにTR-1用の脚部をNT-1をベースに製作し、放置中だったアドバンスドヘイズルに装着してみました。また肩付け根のラックも製作し、以前の物より多少らしくなってきたと思います。
この新造部品製作に伴い、ヘイズル頭部もメットとマスクを分割し直し、とりあえず5体分を複製しました。
この5体分は、以下の物に使います。
1.アドバンスドヘイズル
2.イカロスユニット装備ヘイズル
3.ヘイズル改(予定)
4.アウスラ…残り1つは考え中。

リアルからSDへの転換期に作ったヘイズルも今の目で見ると等身が異なり、キハールやダンディと並べると辛い所があるかと。
今までのアウスラは2号機(予備機)ヘッドを付けていましたが、物語で予備機がアドバンスド化しているので、予備機ヘッドは次世代試験機として組むのも面白いかも。
070126.jpg

タグ:ヘイズル TR-6

スコープドッグ フォックススペシャル その4 完成

こんばんは。3週間もブログを放置していましたaspです。
色々とリアルの世界で忙しいと言い訳をしつつ、ちまちま模型を作ってます。

写真は、お正月に完成させたスコープドッグフォックススペシャルです。
以前SDスコタコアップデート案を色々と書きましたが、今回のFタコでは脚部アンクルアーマーを別パーツ化し脚部のみアップデート。
このアップデート部品と一緒に、以前は1個1個プラ板で作っていたターレット基部も複製し、規格を統一しました。
本作品は近いうち(たぶん・・・・)にHPにアップしますので、そちらをご覧ください。

09fc.jpg

09fc_2.jpg


模型ネタではありますが、今年の目標を考えてみました。
1.製作途中のAOZ関連、特にアウスラ、イカロスは展示会までに完成させたい。
AOZの連載が終了しましたが、Gジェネ等で登場する機会もまだまだあると思うので、これからも展開していきたい。TR1~6までのベース機だけでもそろえて見たいです。

2.複製技術の向上。
SDスコタコに関連してますが、腕部や脚部のシリコン型がそろそろ千切れそうなので、それを機会にスコタコのアップデートもしたいし、新規機体(トータスやビートルなど)での展開もしていきたい。

3.積みプラを増やさない。
これが一番厄介かと・・・・既に正月休み中だけで、イデオンやスコタコ、ザブングル、ノーチラス号など中古品ですが購入していたりします。
分かってはいるんですけど、見掛けると欲しくなってしまうんですよね。

これとは別に、今後は出来れば年間1~3個のペースでボトムズネタを展開していきたいです。長期的に見てもボトムズ関連は廃れる可能性も低いし、ディフォルメ関連で製作されてる方が少ない?ですしね。

最後になりましたが、今年も「倶楽部ディフォルメ屋」をよろしく願いします。
ではでは、次回の更新まで。

Newest