aspのディフォルメ日記

当ブログは、ガンダム作品、ボトムズ、マクロス、エルガイムを中心とする80年代リアルロボット作品のディフォルメ製作を中心としたブログになっております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TR-4 完成

071028.jpg

TR-4ダンディライアン完成しました。長かった・・・・約2年間。ギャラリーにアップしましたので、興味のある方覗いて見て下さい。また初代ダンディライアンを含む製作記もアップしましたので、そちらもどうぞ。

昨日、倶楽部仲間であり、キハール、初代ダンディ(2代目の膝など)共同製作者であるMAXUM氏と久しぶりに会いました。
上記2つとも、当時の技術では出来ないだろうなと思っていた作品でしたが、全ては彼との冗談話から始まってます。

「次は○。○○○でもやる(笑」
それは無理・・・・だろと思いましたが、結局作り始めてしまいました。今のところ、増加装甲のフロントアーマーは完成、リアアーマーもいちよ形にはなりつつある。胴体の大型の増加装甲もプラ板の箱組みをして原型は出来ました。
問題は、両肩。大きいし、複雑だし、分割するしetc。とりあえず気長に作っていこうかと思っています。
まずは、TR-6素体の完成を目指す!!
スポンサーサイト

タグ:TR-4 AOZ ダンディライアン

TR-4 その9

TR-4の塗装を終わらせ、デカール貼って、トップコート吹いて完成・・・・・だったのですが、クリアの白かぶりが全体に発生して、アタフタしているaspです。

アタフタしても仕方が無いので、ネットで見つけた「クリアーの重ね吹き」を試してみました。流石に最初の状態までは戻れませんでしたが、見事に白かぶりが目立たなくなりました。クリアー乾燥後、保護板4枚を接着して完成です。
ダンディライアンのアップは土曜から日曜の間を予定してます。


ケンタンさん>
コメント有難うございます。私もAOZ関連の機体は好きなので今後も作っていきたいと思っています。と、言っても流石に1人ではTR-6インレやTR-5ファイバーは無理ですね。

TR-4 その8

071023.jpg

本日までのダンディです。またまた携帯画像で申し訳ないです。
とりあえず、モジュールも塗装してみました。シールドは、直付けダクトのマスキング中なので、取り付けてありません。大体は塗装完了してます。アップは早ければ、今週末を予定しています。
(はぁ~ヘイズル改のリメイク版も作りたいけど、そこまでは手が回らないかな。

約2年前なのかな?キハールと共に始めてしまったTR-4プロジェクト。一度は挫折しましたが、いちよ完成させることが出来そうです。




今日は疲れたので、この辺りで。

TR-4 その7

20071021204345

携帯からの投稿です。


-22時追記-
デジカメの電池が無かったので、携帯カメラでとりあえず撮影しました。22時現在、コアの塗装は9割ほど終わっています。塗装はあまり好きではないのですが、やはり色が付くと良いですね。
今日は、コアユニットの塗装だけで疲れきってしまったので、モジュールまで塗装出来ませんでしたが、今月中~来月の1週目までには完成させたいですね。
コレが終わったら、ヘイズルかTR-6の完成目指して製作を再開する予定です。

TR-4 その6

現在のTR-4ですが、1回目のサフ吹いて状態を確認中です。細かい部品を付けてないので、あと2~3回のサフ吹き工程はあるかもしれません。
頭部ヘルメットはボコボコ、シールドも細々したキズが多数等、中にはモジュール脚部のように部品取り付けて塗装出来る状態の物もあったりします。やはり勢いで進めて来たために、処理の程度に大きな差が出てます。と言っても、メタリック系やパール系の塗装では無いので、ペーパー掛け等の追加修正で、ある程度は許せる範囲になるかと思います。

TR-4の作業の息抜きに三国伝の劉備ガンダムを弄ってます。三国志読んでいたこともあって、劉備として作りたかったのが本音。しかし、一目見た時から「ジム作れそうだなと」ジムになりつつあります。(次回のブログ時に写真撮っておきます)
PガンやMk-Ⅱなどと比べると多少小さいかもしれませんが、割と簡単にジム頭を作ることが出来ました。
息抜きで作ったので、どうなるか分かりませんけど、その内完成するとは思います(TR-6とか各種ヘイズルあるのにね。



キハール地上用頭部はパテがヒケてしまい、再々修正が必要になりました。展示会に間に合うように急いで作ったため、当初から気にはなっていたのですが。頭部だけ再塗装か・・・

TR-4 その5

細々した物やディティールについて言わなければ、TR-4の部品がほぼ揃いました。
週末の作業としては、コアMSの右肩シールド基部、モジュール膝パッド、モジュール保護板4枚、モジュールフロントアーマー裏等など。
フロントアーマー裏は見えないんですけど、なんとなく作ってみました。シールド同様、適当にディティールアップパーツを散りばめてそれらしく。
この調子で行けば、年内の完成も可能かもしれません。なんとかTR-6も・・・・無理かな。

TR-4 その4+アッシマー

TR-4は現在ライフルのパテと保護板の接着乾燥待ち。
その合間に、先日買ってきたアッシマーのSD化を進めることに。キハールを一度作っていることもあり、胴体や脚部の加工に関しては簡単でした。
ただ頭部に関してはハイゴックの在庫がないので、結局プラ板工作をすることに。ム、難しいぞ・・・あの微妙なRが。結局エポパテの力を借りて形にしました。

また新規製作始めてしまったよ、製作中のTRシリーズがあるのに。





アッシマーの投身チェックのためにキハールを1ヶ月ぶり?くらいに箱から出したら、重力化仕様の頭部が経年劣化で破損してるし・・・・

TR-4 その3

TR-4の3回目の記事です。
今日の画像は、とりあえず形になっている部品を全部付けてみました。
比較対処は前回同様アウスラを並べてあります。
071009.jpg

071009_2.jpg


やっぱりシールドは重い・・・・完全に脚部を固定していないので転倒しないか、少しヒヤヒヤしながら写真撮ってました。キハール製作時に武器を最後に回してしまい気力が続かなかったので、今回は早めにライフルの製作に入りました。設定通りにMkⅡのショーティーに追加部品を被せる形で製作中。
このライフルのストックをギリギリまで短くしたつもりだったのですが、結局右腕も動きそうにないです。という事は、可動する所は頭だけかも。

来年まで、AOZが連載していることを願いながら製作を続けていきたいと思っています。



新作のガンダム始まりましたね。でも、地方人の私はまだ本編を見てませんけどね。本編前の特番を見ていたのですが、映像は綺麗かなと思います。そのクオリティーを維持するのが大変そうですね。
特番内で一番驚いたのがヴァーチェのパイロットが男だったこと・・・今まで女の人だと思っていました。

モザイク作品改め、TR-4 その2

30000HIT突破!!有難うございます。
今後も、AOZやボトムズを中心に作品を作っていこうと思っています。

先日のモザイク画ですけど・・・・分かってしまった方もいると思うので、モザイク改め「TR-4 ダンディライアン」として今後は書いていこうと思います。
071007.jpg

写真見づらくて済みません。1枚目がシールド裏のディティールです。設定画を忠実に再現することは出来ないので(形状自体、設定画から離れてしまっている)らしさ を優先してみました。上方に取り付く防護板は現在製作中です。
071007_2.jpg

2枚目が鳥足です。以前までの試作品よりも格段にかっこよくなりました。今後はディティールの追加がメイン作業になります。

当初はシールドの自重に耐え切れるか不安でしたが、この足(8接点)でちゃんと自立するんですよ。それでも心配なのでコアの脚部は固定にし、シールド自重に負けないようにするため、腕部も固定にしました。表情付けは出来なくなりましたが、まぁ~キハールも動かなかったしね。
動かない分、モジュール裏などのディティールや、モジュールの取り外しは出来るだけ再現していきたいです。
今後の課題としては、左右のスカートユニットと本体の干渉を改善すること。後は、気力があるうちにくみ上げること!!


AOZネタでもう2つ。
1つ目は、探していた1/220アシッマーを購入しました。これで、系統で並べられるw
2つ目は、イカロスユニットのペーパー掛け中に誤って机から落としてしまった・・・・修復出来るかな?

3万ヒットまで・・・・

こんばんは、久しぶりの書き込みです。

何だかんだで10月、月日が経つのが早く感じるようになってきました。
さてさて3万ヒットまで後40を切りましたね。(ジオシティー時代から合計すれば5万ヒットになるのかな?)
3万ヒット記念作品でもと思ったのですが、すぐに完成するような作品がないので却下。3万ヒットのキリ番取った方へ、何かしらプレゼントするetc考えましたが、作るのに苦労するスコタコしかない。
(今後より良いスコタコにしてからなら、プレゼント用として提供したい)

結論、今回の3万ヒットは特にイベント等をせず、5万ヒットの時に何かしらのプレゼント企画をしたいと思っています。


今週のAOZ
前回モザイクで掲載していた作品のシールドにあたる部分の内部ディティールを追加しました。今後は表側のダクト等を追加していく予定。
それと同時に本体の製作も進めています。動力パイプは昔ながらの(?真鍮線にハンダ線を巻きつけた物を使用。今回はハンダ線だけに留めていますが、これにプラパイプを被せれば、かっこいいザク用パイプになります。機会があったら、この動力パイプを用いたザクⅡを作ってみようかな。

Newest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。